年代別転職サイトおすすめランキング|サイト選びのアドバイスも紹介

年代別転職サイトおすすめランキング|サイト選びのアドバイスも紹介

利用する転職サイトはランキングをもとに選択するといい

転職を考えているなら、転職サイトの利用がおすすめです。転職サイトは数多くあるため、どれを使うか迷うなら、ランキングを参考にするとよいでしょう。転職経験者が転職サイトを選ぶ際に考慮しているのは、次のポイントです。

これらのポイントとランキングを参考にしながら、自分に合った転職サイトを見つけましょう。

世代にかかわらず転職サイトと転職エージェントを両方活用している

まず知っておきたいのは、どの世代でも転職の際には、転職サイトと転職エージェントの両方を利用している傾向が強いです。

世代ごとに人気の転職サービスのランキングを見ると、転職サイトとエージェントの併用傾向があり、それぞれのサービスを利用することで、よりスムーズに転職を成功させやすくなります。

転職サイトで情報収集をしながらエージェント利用がおすすめ

各種転職サービスの利用方法としては、まずは転職サイトで情報を集め、その後転職エージェントを使うことがおすすめです。転職サイトは登録することで求人情報が閲覧でき、豊富に情報を取り揃えているサイトが多いため、転職先の選択肢をチェックする際に役立ちます。

転職エージェントでは転職先の企業を紹介してもらえるだけではなく、職務経歴書の作成方法や面接の対策など、実際的な選考のサポートが受けられます。

そのため、転職サイトで情報を集めて気になる企業を選定し、その後転職エージェントでサポートを受けながら転職活動に臨むことで、効率的に転職しやすくなるでしょう。

また、転職エージェントは転職サイトで非公開の求人を紹介してもらえることもあり、転職サイトとあわせて使うことで、幅広い選択肢から求人を探せるため利用がおすすめです。

20代から30代におすすめの転職サイトランキング

転職先の選択肢が多い20代から30代におすすめの転職サイトランキングは、次の通りです。

  • doda(デューダ)
  • ビズリーチ
  • マイナビエージェント

これらは求人数が多いだけではなく、若年層の採用を積極的に行う企業の情報が豊富に掲載されています。

1位|doda(デューダ)

dodaは求人数が非常に多く、幅広い選択肢から転職先を選べます。未経験者や若年層を歓迎する企業も多いため、20代から30代で転職を考えている人にも人気です。

非公開の求人も非常に多く、他社の転職サイトにはない求人情報も多数閲覧できます。転職者の利用数も多く、転職サイトの定番ともいえるため、登録して損はないでしょう。非公開求人を確認するには、サイトへの登録が必須であるため、まずは登録して、どのような求人があるのかチェックしてみることがおすすめです。

doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方

ビズリーチ

若年層のうちからハイクラスでの転職を考えているなら、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは他の転職サイトと比べて高年収の求人が多く、転職によってキャリアアップをしたい人や、年収アップを目指したい人に向いているでしょう。

基準としては現在の年収が500万円以上の人に適したサービスであり、スキルや実績のある人なら、ハイクラスでの転職も実現させやすいです。高年収の求人がチェックできるだけではなく、ビズリーチ独自のサイト機能もおすすめポイントの1つです。

ビズリーチでは職務経歴書を登録することで、全国のヘッドハンターからスカウトが届きます。自分で求人を探すだけではなく、スカウトを待って応募先を決められるため、効率的に転職活動を進めたい人、現職が忙しく、転職活動になかなか時間を取れない人にも向いているでしょう。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

マイナビエージェント

若年層の転職決定力の評判のよさで選ぶなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントは求人数が非公開ですが、利用者の満足度が高く、多くの人が転職を成功させていることがうかがえます。また、転職の担当アドバイザーの評判もよく、充実したサポートを受けたい人にもおすすめです。

紹介される求人は首都圏中心ですが、全国にも対応しているため、幅広いエリアの人が利用できるでしょう。マイナビは新卒でも利用されることが多い転職サービスを提供しており、転職サイトやエージェントの定番でもあるため、登録しておいて損はありません。

マイナビエージェント
20代,30代,大手企業,ベンチャー,IT,営業,男性,女性
求人情報数 約80,000件
非公開求人数
対象エリア 首都圏・関西圏・東海圏
お勧め層 20代・30代の方

20代~30代の転職サイト選びのアドバイス

20代から30代での転職を考えているなら、どのような基準で利用する転職サイトを選ぶのかを知っておくことが大切です。転職の成功は自身のスキルや実績、人柄だけではなく、利用する転職サービスにも影響を受けます。

つまり、スキルが高く実績があり、人柄がよい人でも、必ずしも転職が成功するとは限りません。転職サイトの選び方を知ることで、自分に合ったサービスを見つけて、スムーズな転職の成功を目指しましょう。

20代から30代は求人数の豊富さで決めると良い

20代から30代は転職市場では若年層とされており、スキルや実績はそれほど見られないことが多いです。そのため、企業も仕事へのやる気や今後の成長力を考慮して採用を決定する傾向にあります。20代から30代の場合転職サイトは求人数の多さで決めるとよいでしょう。

より多くの求人が公開されている転職サイトを利用することで、幅広い選択肢から自分に合った転職先を見つけやすくなります。大手企業が運営している総合系の転職サイトなら、業界未経験歓迎の求人も多数扱っているため、これを利用すると失敗は少ないでしょう。

また、転職経験がない人や、スキルや実績を持たない人でも、利用者満足度の高い転職サイトを使うことで、より失敗なく転職を成功させやすくなります。評判のよい転職サイトを利用することで、転職のノウハウがわからなくてもサポートしてもらいやすく、自分に合った転職先を見つけやすいでしょう。

40代から50代におすすめの転職サイトランキング

40代から50代での転職なら、これまでに身につけたスキルや実績を活かしやすい、次の転職サイトがおすすめです。

  • 1位|ビズリーチ
  • 2位| CAREER CARVER(キャリアカーバー)
  • 3位|リクルートエージェント
  • 4位|日本人材機構

これらのランキングは、ハイクラスの求人に特化している転職サイトから選定しています。40代から50代では、現状よりもステップアップできるハイクラスの求人に目を向けることがおすすめです。これらの転職サイトを利用して、さらなるキャリアアップを目指しましょう。

1位|ビズリーチ

20代から30代の若年層でもおすすめだったビズリーチは、40代から50代での転職にも適しています。ビズリーチはそもそもハイクラス求人をメインに扱うサービスであるため、むしろスキルや実績のある40代から50代での利用に適しているでしょう。

年齢が上がると企業が求める条件も上がる傾向にあり、40代なら現在の年収が600万円以上、50代なら750万円以上ある人に向いています。ヘッドハンターからのスカウトによって効率的に転職活動を行えるため、日々の仕事に忙しい人にもおすすめのサービスです。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

2位|CAREER CARVER(キャリアカーバー)

リクルートが運営するCAREER CARVERは、年収700万円以上のハイクラスの人におすすめの転職サイトです。登録するとリクルートと提携しているヘッドハンターからスカウトが届くため、効率的に転職活動を進めたい人にもおすすめです。

800~2,000万円と高年収の求人が多いため、求められる条件も厳しく、現在の年収が700万円以上の人は利用するとよいでしょう。対応している職種は幅広いですが、管理職やコンサルタント、電気や電子、不動産や金融など、特定分野の求人に特に強いため、専門的な知識を活かして転職したい人にもおすすめです。

3位|リクルートエージェント

リクルートが運営する転職エージェント。求人情報サイトのリクナビNEXTとは異なり非公開求人が中心の転職エージェント。別サービスなのでリクナビNEXTにすでに登録されてる方も新たに登録が必要です。

上位2サイトのようにハイクラス限定では無いので様々なキャリアの40代以上の方にお薦めです。

4位|日本人材機構

都市部ではなく、地方での転職を考えているなら、日本人材機構がおすすめです。日本人材機構では、地方の中小企業への求人が多く、管理職やマネジメント職の人材を中心に求人を募集しています。

年齢に関係なく利用できるサービスですが、管理職やマネジメントの経験がある人が望まれているため、経験豊富な40代から50代の方のほうが、利用しやすいでしょう。年収の目安としては現在500万円以上ある人に向いており、地方への移住や地域に根差した企業の活性化による地域創生を目指したい人にも向いています。

40代~50代の転職サイト選びのアドバイス

40代から50代での転職を考えているなら、転職サイトの選び方に注目しましょう。転職サイトの選び方は若年層とは異なり、40代から50代ならではのポイントがあります。

ポイントを踏まえて転職サイトの選定ができるかどうかで、転職の成否に影響することも少なくありません。転職サイトを上手に利用するためにも、選び方のポイントは把握しておきましょう。

忙しい毎日の中でも効率よく進められるかがポイント

40代から50代では現職でも重要なポジションについていることが多く、日々の業務で忙しいことも少なくありません。転職活動は在職中に行うことが多いため、忙しいなかでも効率的に進められるかどうかが重要なポイントです。

毎日の業務と並行して転職活動をするなら、サイトからスカウトが来るサービスがあったり、自身のキャリアを活かしやすい、特定分野に特化したサイトを利用したりするとよいでしょう。

スカウトを受けられるサービスなら、自分で求人情報を探さなくても、転職先の選択肢を選定できます。相手が提示する条件を確認し、納得できるなら応募という流れで転職活動を進められるため、効率的といえます。

また、これまでの経験や身につけたスキルを活かせる転職サイトやエージェントを選ぶことで、選考を有利に進めやすくなるため、転職活動もスムーズです。未経験の業界にチャレンジしづらい40~50代だからこそ、自分が持っている強みを存分に活かしやすい転職サイトを選ぶことがおすすめでしょう。

最低3サイトは利用する必要があるので注意

40代から50代での転職を成功させるには、最低3サイトを目安に、複数のサービスを利用することがおすすめです。やる気やポテンシャルで採用される傾向が強い若年層とは違い、40代から50代ではこれまでの実績やスキルが求められます。

また、管理職などの求人も多く、ポストがそれほど多くないため、求人数自体も若年層よりは少ないと考えましょう。そのため、1つのサイトを利用するだけでは、自分に合った求人が見つけられないこともあり、狭い選択肢から転職先を見つけなければならなくなります。

複数サイトを利用することで、より多くの求人に目を通すことができ、転職先の選択肢も広げられます。転職サイトによって紹介している企業も異なるため、最低3サイトを目安に併用して、自分に合った求人を見つけられるようにしましょう。

年齢に応じて適したサービスがある

ひとくちに転職をするといっても、年齢や現在の年収、これまでに構築してきたキャリアによって、その人に合うサービスは異なります。そのため、まずは現状を見つめ直し、自分はどのようなサービスを利用するとよいのかを考えることが大切です。

また、在職中に転職活動を行うなら、日々の仕事に支障が出ないように、効率的に転職活動ができるサービスを利用することがおすすめです。ランキングを参考に求人のスカウトや選考のサポートなどが充実しているサイトを複数活用し、効率的に転職活動を行い、転職によるキャリアアップを目指しましょう。

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP