転職で年収を倍増させる方法!2020年最新版

転職で年収を倍増させる方法!2020年最新版

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?

異業界転職を考えてみる。

何も考えずに同業他社への転職を希望する方が多いですが、同業他社の場合一般的に平均給与体系に大きな違いは無い事が大半です。 もし、あなたが現在の業界の仕事にやり甲斐を感じていて、給与水準が高い同業他社をご存知であれば当然給与が上がるチャンスがあるので狙い撃ちしてアプローチするのもお勧めしますが、特に業界へのこだわり無いのであれば異業界への転職を視野に入れての転職活動がお勧めです。


同じ職種でほぼ同じ業務フローで仕事をしているのに、業界が異なるだけで平均給与が倍以上違なんて事もあります!

当たり前ですが、衰退産業よりも成長産業の方が平均給与が高いケースが多いです。その他、金融やITなど利益率の高い業界は平均給与が高い傾向にあります。
業界知識を必要以上に心配される方が多いですが、採用側が求めているのは業界知識よりも職種別の能力を最も必要としてるケースが多いです。成長業界であればあるほど採用意欲が高いので業界知識は特に問われない事が多いです。


ただ、闇雲に異業界への応募は書類選考の段階で落とされる可能性があります。 お勧めなのが、異業界転職での成功経験が多い転職エージェントの活用です。
例えばビズリーチではこちらのページで記載されてる通り異業界転職による年収UP事例が多数存在しているのでお勧めです。

異業界転職に強い転職サイト一覧↓

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

異業界転職に圧倒的な強みを持つ転職サイト。国内大手転職エージェントやヘッドハンターなどと直接やり取りできるので異業界転職には最適です。ただし、ハイクラス専門なので現在の年収500万以下だと紹介される求人数が少なくなります。現在の年収500万以上の方で異業界転職による年収UPを希望の方は必須です。

doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方

国内最大手のdodaでは20代30代の方異業界転職の実績が豊富なので20代・30代の方で異業界転職を希望の方にお勧め。

外資系企業への転職を考えてみる

外資系企業の平均年収はおよそ800万円で日本企業の平均400万円の約2倍の給与水準になります。 しかもマネージャークラスでは2000万〜、役員クラスだと5000万以上、億超えの方も存在します。

なぜ、そんなに日本企業と給料体系が異なるのか?

退職金制度が無い:外資系企業では退職金制度がほとんど無いです。退職金が無い分給与水準が高くなってます。 日本企業では終身雇用をベースとした給与体系が根強く残っているため、退職金制度を現在でも維持してる企業が多くなっています。ただ、退職金制度も変化の激しい昨今我々が退職する際まで維持されるかは疑問が残ります。

福利厚生が日本企業と比較して少ない:日本企業では、住宅手当や保育園補助など幅広く福利厚生が充実していますが、外資系企業の場合必要最低限の福利厚生であるケースが多いです。 退職金と同じですが、年俸が現在の倍近い水準まで上がれが福利厚生や退職金分は相殺できるため、外資系企業への転職を検討する事をお勧めします。

成果主義が徹底している:外資系企業では年功序列の考え方がほとんど無いため、年齢に関わらずバリューを創造した社員に対して給料に反映されます。 外資系企業はすぐクビになる印象をお持ちの方も多いですが、外資系企業とはいえ日本の法律を遵守する必要があるため、必ずしもクビになりやすい事はございません、ですが、成果主義が徹底しているので結果へのコミットは日本企業よりも求められるケースが多いです。

さらに、外資系企業の場合は転職を繰り返す事によって年収UPをする事例が非常に多いです。 外資系企業間で転職を繰り返して転職のたびに年俸を引き上げてる方が多く存在します。 一旦外資系企業へ転職して年収水準を上がると、日本企業へ戻る際も破格の年俸及び待遇で転職を実現できるケースも増えてきています。


ただし、 外資系独自の採用基準や面接方法のノウハウがあるので、外資系企業への紹介実績が多いに転職エージェントの利用をお勧めします。

外資系企業の転職に強い転職エージェント一覧↓

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

外資系企業への転職にも非常に強いのがビズリーチ。外資系企業に特化したエージェントやヘッドハンターが国内最大規模で登録してるので、現在の年収500万以上の方で外資系への転職を希望の方は必須。

JAC リクルートメント
業界特化型コンサルが秀逸なミドル・ハイクラス型転職エージェント
求人情報数 約15,000件
非公開求人数 約15,000件
対象エリア 全国
お勧め層 年収500万以上の方(年代による)

もともと外資系企業向けの転職エージェントからスタートしたので外資系企業への転職サポートに強い転職エージェント。

副業を使ってトータル年収を上げる

コロナ禍でリモートワークが増えたのと平行して増加傾向にあるのが副業。 Yahoo!Japanで副業ワーカー募集にも応募が殺到したNEWSも記憶に新しいですよね。 副業では目先の収入増はもちろんですが、副業によって得られる知見や経験がその後のキャリアに活かせるのがその後の年収UPに繋がる事例が多いです。 現在の職場が副業NGであれば、副業OKでリモート対応済みの企業への転職がお勧めです。


ただ、各企業の副業対応状況の実情は外部からではなかなか分かりませんよね。 表向きは副業OK、リモート完全対応などと謳っていても実情は伴ってない企業も少なくありません。 各企業の内情に詳しいのは、各企業人事部と直でつながってる転職エージェントです。 各企業の副業やリモートワークの対応状況を調べるには転職エージェントに相談するのがお勧めです。

転職エージェントを複数使う

近年の日本での転職活動では、転職エージェントの利用がもはや常識になっています。求人情報サイトで闇雲に年収が高い企業を選んで応募しても実情は違かったなどの失敗例が多いですし、そもそも年収UPに繋がる質の高い求人は転職エージェントの非公開求人に集まっています。また、転職による年収UPを実現するためのサポートを無料で受ける事ができるため転職による年収UPを実現するには不可欠になります。

ただし、転職エージェント各社で保有している求人が全く異なるので注意が必要です。転職エージェント各社で営業ルートや営業の強みが異なる上、転職エージェント各社では独占でのディスカウントが横行しているため、転職エージェントA社には存在しても、転職エージェントB社では存在しないといったケースはとても多いです。

担当のアドバイザーが良い人だったからなど安易な理由で、1社にだけで転職活動を進めてしまう方がいますが、これは非常にもったいないです。

当サイトではあなたの適正にあった転職エージェントを最低でも2社以上の掛け持ちをお勧めしています。転職による年収UPを希望の場合はより多くの情報が必要になるのでできるだけ多くの転職エージェントの併用がお勧めです。以下に主な転職エージェントをまとめてみたのでご参考までに↓

主要転職エージェント一覧

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め
doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方
マイナビエージェント
20代,30代,大手企業,ベンチャー,IT,営業,男性,女性
求人情報数 約80,000件
非公開求人数
対象エリア 首都圏・関西圏・東海圏
お勧め層 20代・30代の方
リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。非公開求人数業界最大!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数 約90,000件
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方
JAC リクルートメント
業界特化型コンサルが秀逸なミドル・ハイクラス型転職エージェント
求人情報数 約15,000件
非公開求人数 約15,000件
対象エリア 全国
お勧め層 年収500万以上の方(年代による)
CAREERCARVER
総額年収600万以上の方向けのハイクラス転職サイト
求人情報数 約60,000件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 現在の年収が600万以上の方
レバテックキャリア
ITエンジニア・クリエーターに特化して転職エージェント
求人情報数
非公開求人数
対象エリア 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)・関西圏・福岡県
お勧め層 IT業界経験者
5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP