40代で転職に苦労している人の特徴を解説|これから転職する人必見

40代で転職に苦労している人の特徴を解説|これから転職する人必見

若年層の転職に比べ、40代の転職は決断が難しいと言われています。家庭を持っている人も多く、子供がいる家庭では、まだ育児が終わっていない人がほとんどでしょう。身の回りの環境を考えると40代で転職を考えるのは大きな勇気と決断力がいるものです。

転職を決断したものの、苦労の連続ではモチベーションも下がってしまいます。そこで、ここでは40代の転職活動ではどのような面で苦労するかを、転職前・転職中・転職後それぞれに焦点をあてて紹介します。

実際に40代で転職した人は、一体どのような場面で苦労したのか、また体験談から見えてくる苦労しないための対策を紹介していきます。

転職前の苦労

転職前の苦労で一番多かった体験は、周りからの反対にあったということでした。パートナー(妻・夫)、自身の両親が転職に反対する理由には、今の会社を辞めて本当に転職先が見つかるのか、収入は減らないのか、転職先で仕事が続くのかといった今後の生活への心配が考えられます。

対策として、相手に納得してもらうには、きちんとした理由が必要です。どうして転職したいのか、転職でしか果たせない目的と理由があることを明確に伝えられるようにしておきましょう。

また、長年同じ会社に勤めてきた人であれば、どのような手順で転職活動を始めればよいのか迷ってしまうことも。具体的には、退職希望を出してから転職先を探すのか、職場には言わず水面下で活動するのか、どのタイミングで周りに相談するのかなどがあげられます。40代の転職はやり方を誤ってしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないのでより慎重に行動する必要があります。

その他の体験談

  • 前職の仕事が忙しく、時間が取りにくかった。
  • 仕事を辞めるタイミングを図るのが大変でした。
  • 家事と育児、仕事を両立出来るか不安だった。

前職が忙しいと転職活動を始めるにも時間がかかったり、辞職を伝えるタイミングにも戸惑いがあったという声も多く、円満退社を望む人にとっては苦労する理由に。この対策については後の項目で詳しく紹介します。

育てや家事と仕事の両立の不安は、自分のフェーズにおいてどのような比重で両立させるか考えることで解消されやすいでしょう。例えば、育児に手のかかる場合であれば仕事4、育児4、家事2、育児に手がかからない場合であれば仕事6、育児2、家事2。このように自分のなかでそれぞれの割合を考えることで、転職先の条件もおのずと見えてきます。また、育児や家事はパートナーや両親のサポートがどの程度見込めるのかも、あらかじめ話し合っておくと良いでしょう。

転職中の苦労

転職中の苦労では、上記の理由が9割を占めていました。自分の希望する条件と企業側とのマッチがうまく行かず、採用が見送られ続けると、自分の市場価値に自信をなくしてしまいそうになることも。転職前に自分の市場価値を客観的にみて冷静に判断することが大切です。自分の市場価値を知り、正しいアプローチをすることで採用の確率を上げることができます。

その他の体験談

  • 面接官が若い。
  • 40代を根拠に面接でいろいろ聞かれた。
  • 仕事内容と給与条件とのバランス、やりがいと給与の優先順位付けに苦労した。

企業探しでも苦労をしたのに加え、面接でも苦労する人が多く見られました。面接官が若いということは、上司になる人も自分より年下であることがほとんどでしょう。年齢差があることに対しては想定しておき、面接では落ち着いた対応ができるようにしましょう。

転職活動する上で企業に求める条件の優先順位で悩むことも。自分の目的を明確にし、妥協できないところ、できれば妥協したくないところ、妥協できるところを振り分けながら優先順位をつけていくように心がけることが大切です。

転職後の苦労

上記の3つが転職後に苦労したことで圧倒的な割合を占めていました。上司や同僚の年齢が若い場合は、コミュニケーションに悩んだり、これまでの働き方が一切通用しないことも多く辛いと思うことも。常に柔軟な対応を心がけることが必要です。

前職と同業であったとしても、企業が違えばやり方が違うのも当然です。40代で業務をいちから覚え直すのは、それなりに時間がかかるということをあらかじめ心得ておくことが大事。その上でどうすれば効率よく仕事を覚えられるのか自分なりに考えて行動していくことが大切です。

その他の体験談

  • 形式的にとはいえ役職登用されたため、生え抜き組の反発がつらかった。
  • 前職と同業種だったため、ついつい過去の自分のやり方や経験が前面に出てきて、社内調和を乱しそうになった時があった。
  • どこまでのレベル、どこまでの内容を求められているかがわかるまで時間がかかった。
  • 新たな業界に転職したため、専門用語や新たな知識の習得に苦労した。

転職前・転職中よりも転職後のほうが苦労する場面が多く、その内容もさまざまです。転職先が決まったら、就業する前にどんなシーンで苦労するのかを事前に想定し、対策方法を考えることで新しい転職先での業務もスムーズなスタートを切ることができる可能性があがります。

40代で転職に苦労している人の5つの特徴

アンケートで苦労したことの理由を突き詰めていくと、苦労を感じる人には共通点がある事がわかりました。ここではその特徴を5つに分けてそれぞれ紹介していきます。

1.過去の栄光・成功体験を捨てられない

40代での転職は即戦力が求められる場合が多いです。そのため、過去の実績や成功はもちろんプラスの材料です。しかし、それはあくまで”前職”での功績です。中身のない実績や成功体験を話すだけではただの自慢話と取られてしまいます。

転職先となる企業側は、その経験は実際にどれくらい自社に貢献してくれるのかを考えています。自社での活躍が期待できないと、採用に踏み切るのは怖いと判断されてしまうでしょう。

2.柔軟性に欠けている可能性がある

40代ともなれば、これまでに身につけた仕事のやり方や進め方が固まっている人も多いでしょう。そのため”素直さ”や”柔軟性”に欠けてしまう人も。アドバイスや注意を受けても、理由をつけて覚えようとしなかったり、自分のやり方を変えられない場合は、転職先のカルチャーに馴染めないと判断される可能性があります。その結果、採用されたとしても転職先では距離を置かれてしまうことにもなりかねません。

3.好待遇を望みすぎている

40代での転職は「最後の転職」と考えてしまうため、好待遇を望んでしまう傾向があります。その結果、希望に合う企業が見つからずに苦労してしまうことも。もちろん、より待遇が良い企業を選ぶべきですし、絶対に見つからないというわけではないので、どうしても妥協したくなければ、それも一つの方法です。ただし、好待遇を求めるということは、自分も会社に貢献していかなければなりません。自分の能力ではどのくらいの待遇が妥当なのかを冷静に受け止める必要があります。

また好待遇すぎる転職は、どこかで情報が漏れてしまった場合、前からいる社員から嫉妬されてしまい、社内のコミュニケーションが円滑にいかなくなるといった危険性もあります。

4.強みとなるスキルや経験がない

40代での転職は、なぜ応募したのか、前の会社をなぜ辞めたのかだけではなく、「どのようなスキルを持っているのか」「どのような実績を残したのか」など、これまでの仕事で自分が会社に貢献してきたことを聞かれます。

同業種への転職であれば、少なからず培ってきたスキルや経験があるでしょう。しかし、異業界への転職である場合は、スキルや経験は無いに等しく、書類の段階で見送られることが多く苦労することに。

40代で新しい業界で転職したいということであれば、チャレンジしたい領域の基礎知識は事前に勉強しておくことが大切です。

5.企業側のニーズを満たせていない

企業側が40代の社員を採用する背景には、「自社で解決できない課題や問題を解決してくれる即戦力を持っているか」という期待があります。課題解決に直結するようなスキルを持っていないと、企業側のニーズを満たせず不採用となり、苦労することになるでしょう。

面接を受ける企業がどんな人材を求めているのか、最低限必要なスキルなどのリサーチはしっかりとしておくことが重要です。

40代からの転職で苦労しないために大事な3つのこと

40代の転職を、少しでも円滑にするためにはどんなことをすればよいのでしょうか。ここでは、苦労しないためにできる3つの大事なポイントを紹介していきます。

条件提示よりも企業を知るスタンスを持つ

「40代は即戦力が求められる」というのは正しいのですが、自分の実績やスキルを盾に強く条件提示をするのはスマートではありません。転職活動では謙虚な姿勢こそ大切です。

特に、条件を良くしたいがために、実績やスキルを実際より高く盛ってしまうというような事がないように注意しましょう。この場合、仮に採用されたとしても自分のハードルを上げてしまうだけで、実力が伴っていないことが判明した場合、解雇になったり立場が一気に悪くなってしまいます。

自分が新しい組織の一員になるという自覚をもって、企業のことを知る・聞くというスタンスを持つことが重要です。その上で、自分のスキルや経験を発揮できるかを判断することが転職をスムーズにさせるポイントです。

企業文化に自分がマッチするか確認する

40代での転職は即戦力を求めると同時に、「新しい環境に馴染める柔軟さを持っているか」を見ています。実力は確かだけれど、ワンマンで周りの社員たちを戸惑わせることになれば、一気に社内の空気は悪くなり調和を乱してしまうことに。組織の中にいるということは、少なからず人とのコミュニケーションがあり、作業を円滑に進めていく努力をしなくてはいけません。

まずは企業や、自分の希望する部署の年齢層を知り、うまく溶け込めるか判断することが大切です。上司や同僚が年下になる場合は、上司側も遠慮しがちになっていたりする反面、年下の上司に注意を受ける可能性もあります。その時にどう対処できるのかが見られています。40代ならではの器の大きさで大人の対応をするのがベストです。

その仕事にワクワクするか自分に問い直す

40代でやりたいことも何も…。とりあえず仕事ができたらなんでもいい」

もしも、このような考えを持っていたとしたら、その考えは今すぐ捨てましょう。転職活動する上で仕事の内容が「自分の好きなことなのか」というのは非常に大事です。これは年齢に関わらず、仕事を続けていく上でモチベーションに繋がるのでかなり重要。自分が苦手意識のあるものや、何とも思っていない仕事では、不満がストレスが溜まりやすく、結果的にまた転職を考えてしまうことにもなりかねません。仕事をしていくうちに好きになっていくといったパターンも考えられますが、あまり期待できません。

転職する時には「自分は何をしたいのか」を今一度考えることも大切です。

40代なら転職エージェントを味方につけるのも良い

40代はさまざま苦労が多いことから、転職サイトやハローワークではなく、転職エージェントを活用する方法が一番効率的です。特に、何から始めたらいいのかわからないという人の強い味方になってくれるに違いありません。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと呼ばれる人があなたの担当者となり、転職活動をサポートしてくれます。

履歴書や職歴書の書き方をはじめ、面接対策をしてくれます。経歴や現状のスキルから自分の市場価値を客観的に判断してくれるので、40代の転職では必要性が高いと言えます。面接日の調節や、退職についても相談しながら進めることも可能。条件交渉などもエージェントが行ってくれるので面接で自ら交渉する必要がないのも嬉しいポイントです。

まさに一人では苦労する大半の部分を、転職エージェントの力を借りることで軽減させることができます。ここでは40代におすすめの転職エージェントを3つ紹介しておきます。

doda(デューダ)

求人数が多く、紹介している業種・職種も幅広いため、キャリアチェンジからキャリアアップなどさまざまな転職希望者におすすめの転職エージェントです。女性のキャリアアドバイザーも在籍しているので、女性の転職者にも利用しやすくおすすめです。

doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方

ビズリーチ

キャリアアップを求めている人のための、ハイクラス専門転職エージェントです。そのため即戦力のスキルは必須。主に役職・管理職の求人が多く、それに伴う実績や経験も必要になります。大手企業や、上場企業の求人も多く、年収アップかつ安定を求めている人は登録してみる価値があります。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

JAC リクルートメント

ビズリーチと同じく、ハイクラス専門の転職エージェント。JACリクルートメントの強みは、グローバル企業の求人が多いこと。外資系企業や海外勤務経験のある転職希望者におすすめです。またIT企業や大手商社などの求人にも力をいれています。求人数は他の転職エージェントに比べると少ない印象ですが、紹介される企業の質はかなり高いと評判です。

強い意思を持って苦労・苦難を乗り越えよう

40代の転職は、苦労なくして転職はできないと思っていた方が賢明です。しかし、絶望を感じる必要性はなく、転職に対して強い目的と意思を持つことで乗り越えられるものです。もともと難しいと悟った上で、対策を練り、行動していくことで転職の苦労や失敗を防ぐことができます。この記事で紹介されている転職者の苦労の声をアドバイスと受け取り、自分の転職活動に活かしていきましょう。

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP