40代の転職の現実とは?動向を知って慎重に検討しよう!

40代の転職の現実とは?動向を知って慎重に検討しよう!

40代に入り、現状や今後の仕事に対し不安に感じて転職しようと悩んでいる方は、比較的多くいることでしょう。しかし、失敗を恐れるなどの不安があり、なかなか転職に足を踏み出すことはできない方が多いようです。今回は、40代で転職しようか迷っているあなたへ、現実の転職状況や転職がうまくいくコツなどを紹介します。

「40代で転職」の現実

多くの40代の社会人の方は、すでに結婚して家庭を持っていたり現在の会社で一定の役職に就いていることから、別の会社やこれまでと異なる業界に転職するのは難しいと感じているのではないでしょうか。現実的には、40代での転職は20代や30代の時と比べて様々なハードルがあり、決して簡単ではないようです。

ここでは、40代の転職に関する現在の社会の状況についていくつかご紹介します。

40代の転職は買い手市場

通常、近年の労働市場は売り手市場と言われており、有効求人倍率も高い傾向があります。しかしとりわけ40代に関しては、買い手市場という原則が当てはまらないので注意が必要です。

東京労働局が算出した2019年4月の有効求人倍率の資料によれば、35〜44歳の有効求人倍率は1.04倍、45〜54歳の有効求人倍率は0.76倍となっています。この結果から、40代前後を境として40代以降はかなりの買い手市場となっており、転職活動もハードルが高いことが見て取れます。

参照元:東京労働局・年齢別有効求人倍率の推移

初歩的なミスは致命的

40代の方が転職活動を行うにあたり、初歩的なミスは一発で致命傷になります。企業側が40代以降の方と面接する際は、それなりの経験があることを前提に対応します。

したがって初心者が起こしそうなミスをしてしまうと、かなり印象が悪くなることが容易に想像できるのです。経験の浅い方が起こしそうな初歩的なミスはしないように注意することが大切です。

40代の転職では、基本的なビジネススキルはあるのが大前提であり、採用企業側も、40代の志願者は実績に基づいた確かなスキルがあるという前提で採用活動を進めています。

したがって、実際のビジネススキル以前の段階でいくつか気になる点があれば、最終的には採用に至らない可能性が高いので注意しましょう。

具体的には、やたらと転職回数が多いケースや、入社後すぐ辞めている経歴があるケース、これといったアピール材料や専門スキルがないケース等が履歴書や職務経歴書から見受けられると、1次選考である書類の突破も難しいことが予想されます。

これまでのキャリアが物を言う

40代の転職では、これまでの実務経験やビジネス上のキャリアが転職結果に大きく影響を与えます。

もちろん誠実さや人当たりの良さといった人間性も大切ですが、現実的には今のビジネススキルやこれまでの実績、ビジネス上のキャリア、さらに企業側が求める人物像とマッチしているのかといった点が総合的に評価されることになるでしょう。

中途採用をする場合、大半の企業は実績のある経験者であり、なおかつ即戦力となり得る人材を求めてます。したがって志願する業界での実務経験が乏しい場合や、一定以上のビジネススキルを有していない場合には、転職を成功させることは難しいと言えるでしょう。

40代で転職をした人の体験談

実際に40代で転職をした人にアンケートを実施して、具体的にどのような場面で40代での転職が厳しいと感じたのか質問してみました。彼らの体験談から、40代で転職活動を行った人の多くは、20代や30代では感じることがなかった転職活動のハードルの高さを感じていることが分かります。

代表的な回答結果は以下の通りとなります。

上記の解答例をみて分かる通り、アンケート結果の多くは転職活動の厳しさや障害だけでなく、改めて40代に対して企業側が求めるものが何なのか浮き彫りになっています。これから転職活動を行う方は、これらの体験談を参考にしながら着実にハードルを乗り越えていくと良いでしょう。

なぜ厳しい?企業側から見た40代の転職とは

40代で転職活動する際の現実的な問題や困難さはいったいなぜ生じているのでしょうか。採用を行う企業側の姿勢や考えを知ることによって、実際の転職活動の対策を立てることができるかもしれません。どうして40代の転職の現実が厳しいのでしょうか。ここでは、企業側の視点からその理由について考察します。

企業側は即戦力が欲しい

一般的に中途採用を行なっている企業側は、人材に対して即戦力を求めている傾向があります。そのため、入社後すぐに結果を出せるスキルや一定の実績を有してない人材を採用することは、企業側にとってリスクであり難しいと言えるでしょう。

即戦力というのは決して仕事のスキル面や実績だけの話ではなく、受け入れる企業側の社風や風土にきちんと適応できるかどうかという面も含まれています。長年社会人として働き、十分なビジネススキルを身につけていたとしても、企業の風土や雰囲気に合わなければその能力を十分発揮することはできないでしょう。企業側としても社風に合わない社員を入れてしまうと業務に支障が生じることから、採用に慎重にならざるを得ない面もあるでしょう。

前提として40代は扱いづらい可能性がある

40代となると、20代や30代と比べて性格や仕事のスタイルもある程度固定化してしまいます。年下の意見を素直に受け入れることができない場面や、反発する場面が生じることにより、結果として業務が滞ることを企業側は懸念します。

採用する企業側から見ると、どんなに優秀な人材であったとしても扱いづらいという状況になる可能性を考えるのです。

管理職やマネジメントスキルを期待している

多くの企業では、40代の人材に対しては、その職種のビジネススキルはもちろんのこと、そのほかにマネジメントに関するスキルも一定程度有していることを期待しています。したがって、40代の転職の場合、管理職の経験や一定レベルのマネジメントスキルを有していないのであれば、採用は難しくなることは考慮しておくべきでしょう。

待遇も良いため慎重に判断しなくてはならない

40代の転職者の多くは前職でそれなりのポジションであったことも多く、希望する給料も高くなる傾向があります。企業側もそれなりの準備をしなければならないためリスクが大きく、慎重に採用の判断をせざるを得なくなるのです。

40代の転職者は20代30代の求職者よりも厳しい目で見られる可能性があります。求職者側もそれなりの準備をする必要があるでしょう。

それでも成功させたい!4つの対策を紹介

たとえ40代の転職の現実が厳しいとしても、転職を成功させる人も少なからずいます。転職を上手く進めるためには、いくつかのポイントを押さえながら着実に進めることが必要です。簡単に成功させることは難しいかもしれませんが、きちんとポイントを押さえて戦略的に転職活動を行えば、40代でも転職を成功させることは可能です。ここからは、40代で転職を成功させるために必要な対策を4つ紹介します。

自分の市場価値をまず把握する

これまで何度も述べているように、採用企業側が中途採用を行う場合、即戦力となりうる人材を求めています。そのためにはこれまで培ってきたスキルや実績が非常に重要視されるのです。

40代で転職を成功させるためには、まずは自分のこれまでの社会人経験を振り返り、実績を棚卸しして再度認識することをおすすめします。

自分はこれまでどんな仕事をしてきたのか。その仕事を通してどんなスキルやノウハウを身につけてきたのか。もう一度自分自身を振り返り、自らの市場価値を正しく把握することが大切になります。

長期戦を覚悟する

40代で転職活動を始めるのであれば、現在勤めている会社は辞めないで活動を続けることをおすすめします。40代の転職活動は長期化が予想され、ある程度時間をかけたとしても成功する保証はどこにもありません。

もし会社を辞めて転職活動を行ったところで、転職活動が上手くいく保証はどこにもありません。仮に転職活動が長引くことになれば、生活に支障が生じる危険性も出てくることでしょう。

今勤めている会社を辞めずに働きながら、仕事が終わった後や土日などを活用して上手に転職活動を行うことをおすすめします。

人脈を活用する

これまで長い間ビジネスを行ってきた経験や実績があるのであれば、たくさんの人脈を持っていることでしょう。40代で転職活動を行うのであれば、自らの人脈を十二分に活用して、気になる企業の情報を事前に収集すると良いでしょう。

中途採用を行う場合、企業側としては認識のズレによるスキルマッチや人物マッチのリスクを考慮します。そのようなリスクを回避するために、事前に社内事情について情報収集することができれば、大きな差別化に繋がります。

自分の経験や振り返り、これまで積み重ねてきた人脈を活用してしっかりと情報を収集するとミスマッチを事前に防げるし、企業研究にもつながります。また、そこから紹介や推薦といったリファラル採用で選考に至る可能性も考えられるのです。

転職エージェントを活用する

転職活動を行うにあたり、自分一人で行うと独りよがりになる傾向があります。スキルや実績の棚卸しを行う際は、主観的な視点だけでなくある程度客観的な視点があると心強いと言えるでしょう。

客観的な視点を保つためには、転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします。転職エージェントは会社の紹介だけでなく書類作成や面接の対策をしてくれることもあります。

年代別・役職べつのハイクラス層向けの転職エージェントもあるので、自分にあったエージェントを探してうまく活用すると、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

転職エージェントには、自分一人では決して知ることができなかった情報に触れることができるメリットもあります。業界の事情や市況感の良い業界情報、そうでない業界情報などもアドバイスしてもらえるので、成功の可能性を高めることができます。

ここからは、40代が転職する際に活用することをおすすめする転職エージェントをご紹介します。

ビズリーチ

最初におすすめする転職エージェントはビズリーチ」です。テレビCMでおなじみのビズリーチは、管理職や専門職、リーダー職やグローバル人材に特化した転職エージェントになります。ビズリーチは知名度があるだけでなく、求人数も60,000件以上とかなり多くあることから、転職が上手くいく可能性が高いエージェントだと言えます。ビズリーチは、即戦力であるはクラス人材に特化した転職エージェントであることから、40代が転職する際にはぜひ利用したいエージェントのひとつと言えるでしょう。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

JACリクルートメント

次におすすめする転職エージェントは「JACリクルートメント」です。JASDAQ上場企業であるJACリクルートメントは、30代〜50代の管理職や専門職といったミドルクラス・ハイクラスの人材に特化した転職エージェントです。約25,000社のあらゆる業界の企業と取引があり、これまで多くのミドルクラスの人材の転職を成功させてきた実績を有しています。

リクルートエージェント

最後にご紹介する転職エージェントは「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは大手リクルートグループの一社であり、圧倒的な求人数の多さがひとつの売りとなっています。

40代に対する求人数も多く登録されており、面接対策なども積極的に行ってくれます。これから転職活動を行うミドルクラスの方にとっては、ぜひ利用していただきたいエージェントの一つと言えます。

自分の市場価値を理解して地に足のついた転職活動を

40代の転職の現実は、20代や30代と比べて厳しい現実があります。その理由は様々ですが、求人者側が有しているビジネススキルやこれまでの経験・実績と、企業側が求めるものがうまくマッチしていない所に原因があることが考えられます。

しかし40代の転職が決して可能性がないわけではありません。自分のこれまでの経歴を振り返り、ひとつひとつ棚卸しして自分の強みを把握できれば、自ずと自分に合う求人先と出会う可能性が高まるものと言えるでしょう。

相手の企業が具体的にどのような人材を求めているのか、さらに社会がどのような人材を必要としているのかを冷静に把握した上で、自分の強みを上手にアピールすることができると、転職活路も上手くいくことが期待できます。

これから転職活動を行う40代の方は、ぜひ今回の記事を参考にしながら、自分の市場価値を正しく理解して地に足のついた転職活動をしていただきたいと思います。

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP