20代の転職をおすすめする理由と利用するべきエージェントを紹介

20代の転職をおすすめする理由と利用するべきエージェントを紹介

転職は20代のうちに経験しておくべき?

20代で転職を考えるのは、早すぎるのではないだろうかと考える人もいるかもしれません。しかし、20代だからこそできる転職活動もあります。

20代という年齢は、社会経験は乏しいものの、どんな分野にでもチャレンジできる可能性を秘めています。なぜなら、30代より年齢が高くなると、採用する企業側も即戦力やマネジメント力を求めるようになるため、異業種への挑戦のハードルが高くなるためです。20代という早い段階で、自分の社会人としてのこれからの長期計画を立てて、適性のある職種でキャリアアップしていくために転職を考えてもいいのではないでしょうか。

この記事では、転職を考えている20代の求職者が抱えてしまいがちな不安を解消しながら、今の年齢で転職活動をすることで得られるメリットや、20代におすすめの転職エージェントをご紹介します。

20代は転職活動に対して抱える不安が多い

実際に20代で転職を経験した人を対象に、「転職するにあたり不安に思っていたこと」について、アンケート調査を実施しました。ここでは、実施したアンケートの回答のうち、特に多かったのがこちらの4つです。

  • 経験が少なく業界について深く知らない
  • 若いうちの転職は将来不利になると耳にする
  • 会社の経営状況などを正確に把握することが難しい
  • 周囲の人からの理解を得られないことがある

20代という若さから来る、転職への不安がほとんどということが分かります。しかし、転職したいという意思がありながら、転職に踏み込む決意ができないと、悩んだ分時間を無駄にすることになってしまったり、年齢を重ねすぎて逆に転職しにくくなってしまうこともあります。

ここではアンケートで得られた20代での転職にまつわる不安について、1つずつ細かく解説していきます。

経験が少なく業界について深く知らない

全ての回答の中で50.8%と半分を占めている不安が、そもそもの社会人としての経験不足や業界に対しての知識不足によるものです。

特に20代前半ですと、社会人になってからの年数も短く、現在自分が働いている会社が属する業界がどのようなものかについてすら、正確に深く把握できていないことが多いです。ましてや他の業界については、ほぼ知識がない場合が大半なのではないでしょうか。

そのように知識がない状態で転職活動を行おうとしても、現在自分が抱えてい転職によって解決するのかが不明瞭で、なかなか決断に踏み切れません。それにより転職して大丈夫なのか、不安を抱えてしまうのです。

若いうちの転職は将来不利になると耳にする

2つ目に多くの人が感じた不安が、若いうちに転職をすることで、将来の自分の立場が社会的に不利になってしまうのではないかということです。

若いうちから転職をすることで、社会における信用度が下がり、年齢を重ねた際に、さらなる転職をすることが難しくなることを危惧する人が多くいるようです。確かに、あまりにも短期間のうちに数多くの転職をしてしまうと、仕事に対する継続力がないと判断されてしまうこともあるかもしれません。しかし、1〜2回程度の転職経験では、今後の社会人としての人生で、社会的に不利に働くことはありません。むしろ、様々な経験をしていると受け取られて、待遇が良くなることもあります。本当に、若いうちから転職することが将来において不利になってしまうのか、冷静になることが重要です。

会社の経営状況などを正確に把握することが難しい

3つ目に多くの人が感じた不安は、20代のうちは会社の経営状況などを把握する能力が乏しいために、転職した後の予測ができないということです。

そうした人には、自社の先行きが何となく不安に感じるため、転職を検討している人も多いです。しかし、経営状況を読み取る力がない場合、転職を希望している会社はおろか、自分が今所属している会社や業界が今どのような状況にあるかも正確に理解できていない可能性が高いと言えます。将来の見通しができないと、今の会社に残ってもう少し実績を残したほうがいいのか、転職活動をして他社に移ったほうがキャリアアップもできて安泰なのか、判断ができないため、転職活動を進められません。

周囲の人からの理解を得られないことがある

転職にあたり不安に感じていたことの4つ目として挙げられているのが、周囲の不理解です。

特に上の世代であればあるほど、転職の意思を伝えると、「石の上にも3年」や「せっかく入社したのにもったいない」と言われてしまうなど、転職という行為に対して前向きに考えてもらえないことが多くあります。ひどい場合には、会社内で「他に行ってもなにもできない」「どうせ次の会社もすぐに辞める」などと言われてしまい、転職活動以前に、どんどん自分に対する自信を失っていってしまうことがあります。終身雇用制度が当たり前だった時代においては、転職を行うことは考えられないかもしれません。しかし、自分の未来のことなので、周囲の意見に囚われすぎないようにしたほうがいいでしょう。

20代のうちに転職することがおすすめな理由

20代のうちの転職活動には、多くの人に不安が生じることが分かりました。一方、20代で転職を行うからこそ得られるメリットもあります。代表的なものが以下の3つです。

  • 未経験の業種に挑戦しやすい
  • 1つの企業文化に染まり過ぎることを防ぐことができる
  • 自身の市場価値を確認することができる

これらのメリットを、1つずつ細かく見ていきましょう。

未経験の業種に挑戦しやすい

20代での転職を行うことがおすすめな理由の1つ目が、未経験の業種に挑戦しやすいということです。20代は社会人になってからの年数が少ないため、採用する会社側が今までの経歴だけではなく、モチベーションやポテンシャルを重視して採用するケースが多いです。今までどのような仕事を行ってきたかという実績よりも、転職をして何をしたいのか、どのように成長していきたいのかということが重視されるため、未経験の業界でも転職しやすくなります。

つまり、20代は今まで経験したことのない業種に飛び込むチャンスとも言えます。新卒で入社したけれど、今の会社での成長が見込めなかったり、他業種にもともと興味があった人などは、積極的に転職活動を行ってみるのもよいでしょう。この転職により、仕事に対する経験の幅が広がり、将来的にステップアップしていく中での選択肢も増えてきます。

1つの企業文化に染まり過ぎることを防げる

同じ会社で定年まで働き続けることも、もちろん1つの働き方です。しかし長きにわたって同じ会社に勤めていると、他の会社の業種や業界について知るきっかけが減っていくことにもなります。仕事をしていく中で他の会社と取引を行ったり、他業種・他業界と関わることはあっても、それだけでは十分に理解は深まりません。

そうなると、もしどこかのタイミングで違和感を感じた時に、上手く転職を成功させられない可能性があります。なぜなら、会社や業種、業界には特定の文化が存在するため、1つの文化に染まりすぎると、フレキシブルさが失われることになるからです。そうなると、仮に転職をしても、周りの環境の変化に戸惑い、思うような活躍ができなくなる恐れがあります。

そのようにならないためにも、20代のうちから転職をして複数の会社の文化を体験する経験は、将来的にまた転職という選択をする際に有用と言えるでしょう。

自身の市場価値を確認することができる

転職活動は、自分自身の市場価値を確認する機会にもなります。様々な会社の面接を受け、面接官と話をする中で、自分のどのような部分が業界的に価値があるのかが分かってきます。自分で経歴の整理をしても、主観的にしか市場価値を判断できませんが、転職活動を行うことで、客観的に自分の市場価値を確認することができるのです。

これにより、すでにある強みとなる部分は伸ばしていき、自分に足りない部分は補強していくことが可能となります。自分の市場価値を確認することで、これから先どのようにキャリアアップしていけばいいのか、イメージが湧きやすいかと思います。

20代の転職活動にはエージェントの利用がおすすめ

では20代で転職活動を上手く進めるには、どのようにすればいいでしょうか。新卒の際に就活サイトに登録したように、転職サイトに登録する方法を一番最初に思いつくかもしれません。しかし、効率よく、失敗しない転職活動を行うには、転職エージェントの利用をおすすめします。

経験や実績が少ない場合でも自分に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントをおすすめする1つ目の理由が、若さゆえに経験や実績が少ない場合でも自分に合った求人をピックアップして紹介してもらえるという点です。

転職サイトを利用して、自分ひとりで転職活動を行おうとすると、膨大な量の求人情報の中から自分の条件に合ったものを洗い出す必要があります。20代の場合は自分の経験や実績がまだ豊富にあるとは言えないため、相性の良い企業を探すのには労力がかかります。特に、仕事をしながら転職活動をする場合だと、なかなか求人情報の選別や、企業研究に時間が取れず、良い求人にたどり着くことが難しいでしょう。

転職エージェントを利用すると、経験や実績が乏しかったとしても、本人の特性や意思を見極めたうえで、専任の担当者が自分に合った求人を探して紹介してくれます。これにより、必要以上に時間を取られることなく、自分にぴったりな求人情報に出会うことができます。

公開されていない非公開求人を紹介してもらえるケースも多い

転職エージェントは、それぞれ独自に繋がりのある会社や、その転職エージェントで過去に転職が成功した実績のある会社の情報を持っています。そのため、転職サイトや採用ページなどで一般公開されていない求人情報を多数保有していることがあります。その数は転職エージェントが保有している求人の8割程度を占めるとも言われています。

非公開求人の中には、新規事業の立ち上げメンバーとしての募集や、公開求人にすると応募者が殺到して人事担当者が対応しきれなくなる恐れのある、魅力的な募集が多く含まれます。1人で転職活動を行うよりも、多くの求人情報に触れられるだけでなく、希望通りの条件での転職ができる可能性が高くなります。

提出書類の作成や選考対策などに力を貸してもらえる

新卒としての就活の際は、就活サポートなどを教育機関が行ったりしてくれるところもあります。応募書類を見てもらったり、模擬面接を行ってもらうなど、選考をスムーズに進んでいくために大きな助けとなる機会を利用した人もいるのではないでしょうか。1人で転職活動を行おうとすると、応募書類を見てもらうことも、模擬面接をしてもらうことも、ほとんどの場合できません。特に20代はスキルや経験などのアピール材料が多いとはいえないため、書類の書き方や面接での振る舞いが重要になってきます。

そこで、新卒時の就活サポートのような役割を転職活動の際に担ってくれるのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントは、求人情報を紹介するだけではなく、会社ごとの選考のポイントや、履歴書・職務経歴書などの選考書類における伝わりやすい経歴の見せ方などのアドバイス、模擬面接の実施など、転職活動を進めていく上で手厚いサポートをしてくれます。転職エージェントを利用することで、1人で転職活動を行っていたら受けられないサポートを受けることができるのです。

面接で失敗したとしても企業人事に直接フォローを入れてもらえる

転職エージェントは、会社の人事担当に直接求職者を売り込んでくれます。そのため、仮に面接の場で上手く自分の経歴や志望動機、自己PRなどが言えなかったり、しっかりと伝えきれなかったと思ったことがあっても、後から専任の担当者が人事担当にフォローを入れてくれます。

このようなフォローを受けるためにも、転職エージェントを通じて面接を受けた場合は、面接後すぐに専任の担当者に、「入社意欲」や「面接で伝えきれなかったポイント」「面接で失敗したと感じたポイント」を連絡するようにしましょう。また、求人募集を出している会社が求めているスキルと、求職者の持つスキルが合致している場合、序盤の面接を受けずに、役員との面接だけで選考を終えられることもあります。転職エージェントを上手く利用すると、転職活動の時期を短くすることも可能となります。

20代におすすめの転職エージェント

最後に、20代におすすめできる転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチは、管理職などを目指す人におすすめする転職エージェントです。無料のスタンダードステージと、有料のプレミアムステージがありますが、基本的には有料プランに登録することで、ビズリーチのサービスを制限なく利用できます。有料プランは月額3,278円(税込)からで利用でき、登録するとすべての求人情報を閲覧できたり、ヘッドハンターに相談したりすることができます。

転職エージェントの多くは、専任の担当者によって求人を紹介されて、転職活動を進めていきますが、ビズリーチの場合は、基本的に、職務経歴書を登録し、企業やヘッドハンターからスカウトを受け、直接企業やヘッドハンターとコンタクトをとることで転職活動を行います。

管理職などを目指す人に合わせた求人が扱われているため、求職者にも高いレベルが要求されますが、それを乗り越えてハイクラスの求人に応募したい人は、登録してみるとよいでしょう。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

doda

dodaは、総合型の転職エージェントです。転職エージェント業界の中でもトップレベルの求人数を誇るのが特徴です。非公開求人を含む10万件以上の求人の中から、希望や適性にあった求人を紹介してもらえます。幅広い業種の求人を扱っているため、他業界にチャレンジしたいと考えている人にはおすすめできます。

応募書類の添削や面接のサポートをしてくれるほか、応募書類の提出や面接日時の調整まで行ってくれるため、現在の会社での仕事が忙しい人でも、問題なく転職活動を進められます。さらには、内定が出た転職先への入社日の調整や、年収などの待遇面の交渉を行ってくれることもあります。またエージェントサービスだけではなく、スカウトサービスも展開しています。

doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒向けの就活サイトも運営しているマイナビが運営母体ということもあり、20代の転職のサポートが手厚いのが特徴です。

マイナビエージェント自体が、求人を出している会社が求めている人材について徹底的に情報収集をしているほか、各業界を熟知したキャリアアドバイザーや、会社の人事担当とやりとりをすることで社内の雰囲気などの情報を持っている企業担当アドバイザーがいることで、求職者一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。応募書類の添削や模擬面接なども行ってくれるため、転職活動を進めていく上での不安を1人で抱え込む必要がなくなります。

マイナビエージェント
20代,30代,大手企業,ベンチャー,IT,営業,男性,女性
求人情報数 約80,000件
非公開求人数
対象エリア 首都圏・関西圏・東海圏
お勧め層 20代・30代の方

20代こそ転職に積極的になるべき

20代のうちで転職することは、決してためらうことではありません。むしろ、20代で転職するからこそ、自分に本当に合った職種に出会えることになるかもしれません。

社会人としてまだ経験が少ない中で転職をすることは、確かに不安が生じるかもしれません。しかし少しでも転職を考えているのであれば、一度転職エージェントに登録して、専任の担当者に相談してみてもいいでしょう。転職というものについての適切なアドバイスを貰うことができるはずです。

この記事で紹介した転職エージェントを参考にしながら、いくつかの転職エージェントを積極的に利用して、自分の強みを活かせる会社に転職することで、キャリアアップを目指していきましょう。

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP