30代の転職は難しい!希望を実現できる転職方法を解説

30代の転職は難しい!希望を実現できる転職方法を解説

ライフスタイルが多様化する30代の転職は難しい

30代は30~34歳までが若年層、35~39歳までがミドル層と分かれる世代です。しかし、若年層はやはり20代が優先され、ミドル層は40代のハイキャリアが優先される傾向にあります。どっちつかずともとれる30代の転職は、しっかりと戦略を練らなければ難しくなってしまいます。

特に、結婚や子供ができるといったイベントに伴い、ライフスタイルが多様化する年代でもあるため、間違った選択をしてしまうと、またすぐに退職や転職することにもなりかねません。

ここでは、難しいと言われる30代の転職をよりスムーズに行えるように、転職サイトの選び方から男女別に意識するべきことを紹介しています。

30代の転職は目的を明確にしておく

30代での転職は、転職先や利用するサイトを選ぶ際に「この転職でなにを達成するのか」という目的を明確にしておく必要があります。安易に行動するだけでは転職の失敗につながってしまいます。「いろいろ経験してみたい!」という気持ちだけで上手く進められるのは20代までの転職です。30代の転職はきちんと目的を持つようにしましょう。

現職に不満があるという理由では採用されにくい

現職に不満があるから転職を考えるという人も多いと思いますが、問題はその不満に思っている内容。「上司とそりが合わない」「仕事量が多い」「残業が多い」など、ネガティブな理由の場合は、問題が生じた際に他責にする人材だと思われかねません。

転職の理由は、キャリアアップか、これまでの経験を活かしたキャリアチェンジといったポジティブな理由が望ましいでしょう。

30代におすすめの転職サイトの選び方

転職先を探す方法として、ハローワークや転職サイトや転職アプリなどがあります。特に転職サイトはパソコンやスマホから手軽に探せるため、自宅や外出先、時間にもとらわれることなく探せるといったメリットがあります。

しかし、転職サイトやアプリは数も多く、やみくもに複数のサイトに訪問しても情報が散乱してしまい管理しきれなくなってしまいます。そこで、どのような項目を比較し転職サイトを選ぶと良いのか、独自のアンケート結果をもとに、転職サイトの選び方を紹介します。

選び方1|求人数が多い

アンケートの結果から半分以上の人が重要視した「求人数の多さ」。その理由には求人数が多いほど、自身の条件にマッチする転職先を見つけられる確率が高くなるからということがあげられます。総件数はもちろん、自分の望んでいる業種や職種の求人数を見ておくことも大事なポイントです。

また、求人数の多さは転職サイトの信用度にも関係していると言えます。求人にはそれなりのコストがかかるため、企業側も信頼できる転職サイトに求人を載せたいと考えるのが一般的。求人数の多いサイトは企業からも信頼があるとみて良いでしょう。

選び方2|働きながらでも利用しやすい

30代は、実家を出て生活を自立させているケースや、すでに家庭を持っているケースも多いでしょう。そのため、退職してからの転職活動は難しく非常にリスクが高いと言えます。

働きながら転職先を探すことができれば、経済面でのリスクをおさえられたり、希望の求人が見つからなかったりした際には、転職を断念し現職に留まることも可能です。一方で、働きながらの転職活動は、限られた時間の中で動いていく必要があるため、時間が長くなるほど心身ともに負担がかかってしまうこともあります。そのため、無理なく転職サイトを利用できるかどうかは30代の転職では重要なポイントです。

選び方3|利用者の満足度が高い

最近では、利用者が口コミを投稿できる転職サイトも多く、各転職サイトの評価を知ることができます。実際に、満足のいく転職ができたという口コミが多いサイトを利用することをおすすめします。利用者からの評価が高いサイトは、自身の転職も上手く進めることができる可能性も高いと考えられます。

不満な口コミがある場合は、利用者が何を気に入らなかったのかも見ておくと良いでしょう。悪い口コミを見てしまうと不安になってしまいますが、本当に企業側の落ち度なのかを見極めることも大切です。

選び方4|クラスが決められている

30代以降の転職は、エグゼクティブ層・ハイクラス層・ミドル層など、役職、管理職、高年収の求人があるかどうかも重要なポイントです。こうした求人は多数ある転職サイトの中でも限られてきます。現状の年収以上の転職を実現させたい人や、キャリアアップを望んでいる人は特に気にするべきポイントです。

30代男性の転職は早めの決断が成功につながる

厚生労働省による年代別の雇用動向調査によると、30代後半男性の転職する人の割合が、20代後半に対して2/3以下に低下しているという結果がでています。

つまり、30代での転職は早ければ早いほど、転職率が高まるということです。転職の選択肢が広げられるのも30代前半まで。転職の決断はなるべく早いほうがよいと言えるでしょう。

なぜこのような事が言えるのか、ここではその理由を詳しく解説します。

35歳以上は転職する人の割合が低下

企業側からすると、30代後半の男性は、これまでに築いてきた仕事のスタイルがある人も多いため、20代のような適応力は期待しづらいのではと捉えられがちです。そのため、求人でも即戦力が求められる傾向にあります。

よって、30代後半での転職希望者は、これまでのキャリアで得たスキルや経験とつながる業種を選ぶことをおすすめします。面接でもこれまでの実体験に基づいて話せるため、転職も成功しやすくなります。

30代前半で転職する人の割合が上昇

30代前半の男性は、30代後半の男性と比べて転職する人の割合が約1.1倍高いという結果が出ています。転職する割合が多いということは、転職先の選択肢が多いことを意味します。

30代の男性の中には、結婚して家庭を持っている人も少なくありません。中でも自分の収入が家計の中心である場合、仮に転職先の企業に不満が生じたとしても簡単には退職はできないでしょう。長く働くことを前提に、なるべく多くの選択肢の中から、慎重に転職先を選ぶ必要があります。

キャリアチャンジを含めて選択肢を広げるという意味でも、なるべく30代前半での転職が望ましいでしょう。

30代女性はライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめ

女性の場合、結婚や出産など大きなライフイベントを迎える可能性があります。そのような状況になっても働きやすい職場かどうかもチェックしておきたいポイントです。

結婚や出産などですぐに退社すると考えられてしまう

採用にコストがかかる企業側にとっても、迎え入れた女性がすぐに休職・退職してしまうのではないかと懸念しているケースが多くあります。面接時に結婚や出産についての質問をされることも少なくありません。そのことも踏まえ、自身の人生設計をどのように考えているかについて事前にまとめておくことが大切です。

自分のライフスタイルのフェーズを考えると良い

将来結婚したいと考えている、結婚や出産の予定がある、キャリアを積んでステップアップしていきたいなど、自身の私生活がどの場面にあるのかに応じて、転職先や利用する転職サイトを検討するのがおすすめです。

例えば、将来子供を考えている人は育児休暇の取得率、キャリアを積みたい人は女性の活躍に期待している企業かどうかなどがポイントになるでしょう。

30代の転職はエージェントの利用がおすすめ

転職サイトのみ利用の場合、1人で企業を探すところから活動していかなくてはなりません。転職は多くの人が現職の仕事をしながら探すことになるので、負担が大きくなります。1人でやみくもに活動をしていても、焦りや疲れから妥協をしてしまっては本末転倒です。

そこで、転職エージェント(人材紹介)を利用するという方法があります。特に30代以上の転職には効率的かつ合理的であるため最もおすすめです。「エージェントって何してくれるの?」という人のために、ここでは転職エージェントでしてもらえることを紹介します。

過去の経験を客観的に評価してもらえる

これまで自分が培ってきたノウハウや経験。転職の面接時に「自信があったつもりなのに、他社では思ったよりも評価されなかった」という悲しい場合があります。しかし、反対に「自分では気に留めていなかった1つの経験が想像以上に評価された!」という嬉しいケースも。

転職エージェントでは自分の実績や経験をもとに、第三者の立場で客観的に評価してもらうことができます。はじめは少し怖いと思うかもしれませんが、自分の市場価値を知る方法としてとても大切なことです。

自分に合った優良企業を紹介してもらえる

転職エージェントと取引実績のある企業を紹介してもらえるため、採用してもらえる可能性が高くなります。エージェントはいわば「転職のプロ」です。プロの目で見極めた企業を紹介してもらえるため安心です。自力では得られない企業側の情報を前もって知ることができるのも大きなメリットです。

日程調整や給与交渉がしやすくなる

一人で転職活動する場合、日程交渉や給料などの条件交渉もすべて自分で行わなくてはいけません。しかし多くの人は企業側へ本音を伝えづらいと感じているのではないでしょうか。転職エージェントでは担当アドバイザーが給与の交渉や選考日程の調整なども行ってくれます。相談しながら転職活動をすすめていけるのは、現職の仕事をしながら転職先を探す人にとって心強い味方です。

以上の3つのことから、キャリアアップを目指す人や現職の仕事で忙しい30代の転職こそ、転職エージェントの利用がおすすめと言えます。

30代におすすめの転職エージェント

キャリアアップをしていきたい男性の場合、クラスが分けられているエージェントの利用がおすすめです。また、キャリアチェンジをしたい男性の場合は、求人数の多いエージェントを利用することで可能性を広げることができます。

ビズリーチ

求人数も多くハイクラス専門の転職エージェント「ビズリーチ」は、現状の年収が500万円以上の30代におすすめです。管理職や経営幹部の求人が多くあり、中には年収1,000万以上の募集案件もあります。

ビズリーチの特徴は、ヘッドハンターからのスカウト機能があります。スカウトであれば一から企業を探す手間が省けるため忙しい人ほどおすすめです。スカウトからの転職成功率は8割を越えており、キャリアアップを目指す人は登録しておきたい転職エージェントです。

BIZ REACH(ビズリーチ)
テレビCMでもお馴染みのハイクラス専門転職サイトの業界最大手!
求人情報数 約90,000件
非公開求人数
対象エリア 全国対応
お勧め層 年収500万以上(年令層による)の方にお勧め

doda

人材業界の大手「パーソナルキャリア」が運営する転職エージェント「doda」は、大手ならではでの求人数が強みで、10万件を超えた豊富な求人を保有しています。求人数だけではなく、面接対策などのカウンセリングや企業からのスカウトなど、サポート面でも充実しています。

アドバイザーも多数在籍しており、30代ならではの悩みも相談しやすいのは嬉しいポイント。30代の転職希望者には特におすすめの転職エージェントです。

doda(デューダ)
人材業界2位のdodaは登録必須!
求人情報数 約10万件
非公開求人数
対象エリア 全国
お勧め層 転職を希望の全ての方

マイナビエージェント

大手人材広告企業である「マイナビ」の転職エージェントは、業界ごとに特設サイトがあり、各業界の専任アドバイザーが在籍しています。各都市圏に一人以上の女性アドバイザーがいるのもポイントです。おすすめのポイントは、産休の取得率や、職場の男女比率なども教えてもらうことができる点。大手ならではの転職ノウハウで、キャリアアップを目指す女性にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント
20代,30代,大手企業,ベンチャー,IT,営業,男性,女性
求人情報数 約80,000件
非公開求人数
対象エリア 首都圏・関西圏・東海圏
お勧め層 20代・30代の方

目的を明確に飛躍するための転職をする

30代での転職は難しいと言われていますが、やり方さえ間違わなければ自分が望む形での転職もかないます。よりよい形で転職活動を終えるためにも、自分の転職する理由を明確にしておき、利用する転職サイトやエージェントを決めましょう。

転職エージェントは、企業側が紹介料を支払うため、転職者は無料で利用できるので気軽に登録できるのも嬉しいポイントです。転職でかなえたい希望を実現すために力を貸してくれるサービスは転職者の強い味方となってくれることでしょう。特に忙しい30代での転職を考えている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

5問で診断あなたに最適な転職サイト
年齢は?
性別は?
現在の年収は?
希望職種は?
希望勤務地は?
PAGE TOP