記事

DSC00722

ハイクラス求人サイトのビズリーチ、中の人にサービス詳細を聞いてきました!

ハイクラスに特化した転職サイトとして近年勢いを増すビズリーチ。 今回は株式会社ビズリーチの小田絢美さん(写真左)、ミヤ・アンジェリンさん(写真右)にBIZREACHのサービスについて教えていただきました。(インタビュアー:鈴木文俊) 最初に、一般的な転職エージェント(人材紹介会社)との違いを教えてください? ビズリーチを転職エージェントと勘違いされる方もいらっしゃるようですが、私どもは会員の方に直接お会いしていません。 会員と採用企業及びヘッドハンターがお互いに直接アプローチできるサービスです。人材紹介業というよりは、企業と会員の方が直接やり取りできるプラットフォームと考えていただけた方が適切かと思います。 ビズリーチにご登録いただくと、登録データをもとに、企業やヘッドハンターから直接メッセージが届きます。それだけでなく、ご自身で気になる求人やヘッドハンターに直接アプローチいただく事もできます。 今日本でも一度勤めた会社が定年まで存続するか分からない時代になっています。今すぐに転職したいという意向が無くても、企業やヘッドハンターから直接スカウトが届くので、まずはご自身の市場価値を確認す…

hatara20141201

フリーター・既卒・第二新卒の方必見!社会人未経験の方専門の転職エージェント「ハタラクティブ」への取材記事

今回は、正社員未経験者の方の転職支援に特化してるハタラクティブさんにお話を聞かせていただきました。 ハタラクティブの主な登録者層は? 社会人経験の無いフリーターアルバイトの方や、第二新卒の方がメインの転職エージェントとなります。 フリーターの方で大体6割くらいで、その次が第二新卒の方となります。 年齢でいうと20代の方々がメインになりまして、登録者の9割方が20代の方であるかとは思います。その中の男女比率に関しては半々という感じになっています。 ご経験ベースや最終の学歴等の話になるのであれば、だいたい5割くらいが大卒、2割くらいの方は高卒、2割強の方が専門卒となっております。専門卒の方や、時々ですけど中卒の方もいらっしゃいますが、数としてはあまり多くはないかと思います。 高卒、中卒の方でも登録はできるのですか? まったく問題ありません。 一般的な転職エージェントでは大体書類の段階で学歴フィルターをかけてしまう所がほとんどですが、ハタラクティブの場合はどんな経歴の方でも全然構わないというスタンスです。 ハタラクティブ登録後のコンサルティングの流れは? 1.最初にハタラクティブのWEBサイ…

IMG_5928_JPG

パソナキャリアの現役キャリアアドバイザー三友佐江子さんへの取材記事

 今回は、総合人材サービス会社であるパソナグループの転職支援サービス、パソナキャリアの現役キャリアアドバイザー三友佐江子様に転職支援サービスの内容や転職事情について取材させていただきました!(インタビュアー鈴木文俊:以下赤文字)  パソナキャリアへ登録後の流れを教えてください。 1,まず最初にWEBサイトからエントリーしていただきます。 2,応募者様の経験された、業界や職種などで担当キャリアアドバイザーが振り分けられます。 IT/WEB系、製造、医療、金融、流通、営業、地域特化の担当がおります。 3,担当キャリアアドバイザー決定後、面談日時の調整などのメールが届きますのでご都合の良い日時をお伝えください。 4、その後、私を含めたキャリアアドバイザーとの面談となります。 三友さんはどのような領域をご担当されてるのですか? 私は、人事・法務などの管理業務経験者の方を担当させていただいてます。 管理業務ご経験者の場合、業界に特化した職種では無いため、様々な業界の管理業務の求人をご紹介しています。同じように若手営業職で転職検討されている方の場合は未経験の業界でもポテンシャルを見て、別業界をご紹…

doda20166-21hikoukai.jpg

2016年、非公開求人の攻略が転職活動の成否を分けます。

ご存知ですか? 2016年現在、質の高い求人の多くが転職サイトの非公開求人に集まっています。 例えば、リクルートに次いで人材業界2位のDODAでは求人の約8割以上が非公開です。 画像参照:DODA公式サイト DODAの求人数は10万件弱で推移しているので、約8万件前後の求人が非公開求人となります。当然、DODAの非公開求人はDODAに登録しなければ求人の存在すら確認すらできません。。。 DODA以外の大手転職サイト(JACリクルートメント、ビズリーチ、リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリア、type転職エージェント)でも非公開求人が7割以上で推移しています。 一昔前まではリクナビNEXTなどの公開型求人サイトが一般的でしたが、最近では非公開求人中心の転職サイトのシェアが急激に増加しています。 目玉求人ほど、独占非公開求人! 近年、転職サイト間のシェア争いの激しさが増しています。各転職サイトでは他社との違いを出すために独占非公開求人の充実に注力しています。 転職サイトでは採用企業から紹介料又は広告掲載料としてフィーを受け取る事でビジネスとして成立しています。 値引き…

freee151108378726_TP_V

会社での人間関係を崩さない、4つのポイント

  会社で人間関係を作っていくことは必須です。1人では仕事はできないのです。いつかどこかで人の手を借りることになります。しかしうまく人間関係をつくることができなくて、会社生活につまづく人も多いです。では一体どうしたらよいのでしょうか。 1、敵を作らない これが一番肝心です。 一人苦手な人を作ると、その周囲の人とのかかわりすべてがうまくいかなくなることもあるのです。最初は些細なきっかけで関係が崩れてしまって謝る機会を逃してしまっても、それはその溝が浅い間にサラっとでも謝った方が良いです。会社生活とは意外なところで意外な人同士がつながっていることがあって、そんなつもりじゃなかったのに、傷が広がることがあります。好きになる努力は無理ならしなくても良いです。敵対心を持たない方が良いです。 2、迷ったら大多数に合わせる 日本の会社生活はいまだに、自分の意見を持たないで、人に合わせることも多いです。それが処世術なのかもしれません。あくまで合わせる対象は上司になることが多いです。その合わせる意見が正しくなくても事実とは違っていても、時に合わせて流されることが、周囲から浮かないこととなります…

asdfdfeolfsd

2016年1月:転職サイト求人数ランキングでの根拠データ

  仕事Journalでは公式サイト及び電話取材によって国内主要転職サイト求人数ランキングを公開してます。こちらのページでは求人数の参照元ページのキャプチャーを公開させていただいてます。 転職サイトを選ぶ際の明確な検討基準として求人数の数は重要なファクターと考えられますのでご参考までに。 (単純に求人数の多い転職サイトはマッチングの確立が高いと推測できます) 1位 DODA 2016年1月6日現在、DODA公式ページ http://doda.jp/promo/bene/033.html にて確認 約100,000件以上 DODAの詳細はこちら   2位 リクナビNEXT 約8万5000件  リクナビNEXT公式ページにて確認 リクナビNEXTの詳細はこちら     3位 ビズリーチ 2016年1月6日現在、BIZREACH公式ページ https://www.bizreach.jp/landing/pc/hh_jpf03_b にて確認 公開中の求人数44,149件 ビズリーチの詳細ページはこちら     5位 PASONAキャリ…

51rj3yJxn6L._SX309_BO1204203200_.jpg

ブラック企業を取り締まる! Uberは地方でこそ・・他、「地方消滅〜創生戦略篇〜」の書評

  地方消滅 創生戦略篇 (中公新書) 新書 (著)増田 寛也 ,  冨山 和彦 Amazonの詳細ページ   今回は、中公新書にて発売中の「地方消滅〜創生戦略篇〜」から気になった部分を抜粋してみました。 ブラック企業を取り締まる p55 富山: 「強い」産業や企業と市場からの退出を即される「弱い」産業や企業とのあいだにメリハリをつけることができるか。「強き」も「弱き」も共倒れになってしまいわないために、ここが地方を応援する際の鍵だと思います。ただし、「弱きを退かせる」というのは難しい。 そのときに活用すべき分野は「金融」と「労働」だと考えてます。 まず金融に関しては、政府系金融機関がゾンビ延命型の融資や保証から思いきり手を引くことです。ー途中省略ー むしろ前途有望な可能性のある企業を思いきり「えこひいき」をして応援するべきです。 一方の労働に関しては、労働基準監督を厳しくしたり、時間外労働の制限を思い切り強化すべきですよ。最低賃金についても引き上げた方が良いというのが私の持論です。   まずは、政府系金融機関が抜本的に変わらなければ、、ですね。。 &nb…

a0003_001879

フリーターから正社員への就職活動、対策4つ

フリーターから正社員への就職で苦労されている方が多いと思います。 実際、社会人経験の無い方の就活は厳しいのが現状です。 今回はフリーターから正社員に転職を考えた方にお勧めの対策7つをまとめてみました   1、ハローワークに相談する ハローワーク(公共職業安定所)は、厚生労働省が設置している行政機関で日本全国に展開しています。 無料で相談員の方が就職相談を受けてくれるので、正社員としての就職を考えた際は一度相談してみるのがお勧めです。ハローワークの所在地一覧はこちら ハローワークは国が設置した雇用安定所なため企業は無料で求人広告を出す事ができます。反面採用意欲の低い企業がなんとなく求人を出しているケースも散見されます。 ”全ての求人”がハローワークに集結しているわけでは無いです。 企業の採用担当者としては、良い方でであれば高い求人広告料を払っても採用したいと考える企業の方が一般的です。そのため民間の転職サイト(リクナビNEXTなど)に”だけ”求人を出している企業も多いです。 2、民間の正社員向け求人サイトを利用する 社会人経験の無い方が正社員求人を探すのであれば、リクナビNEX…

IMG_6224

リクルートスタッフィングの研修制度

今回は、大手人材派遣会社リクルートスタッフィングの現役研修スタッフの皆様に、リクルートスタッフィングの研修制度について詳しくお伺いさせていただきました。(インタビュワー:鈴木文俊)   ーーーOA研修についてーーー OA研修について簡単に教えてください。 OA研修は、Microsoft officeの4ソフトに関して主にコースを展開しています。eラーニングでも同じ内容が4ソフト(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)に関して受けられます。コースの中で一番ご利用される方が多いのがExcelのコースです。 お仕事で使う頻度が一番高いアプリケーションになるので受けられる方が一番多いようです。 OA研修を受講するには以下2つのパターンがあります。 一つ目は、スタッフの方がご自身でウェブやお電話でご予約していただいて、スキルアップやこれからお仕事で使う機能を習得する為に受講されるパターン。 二つ目は、弊社の営業やジョブコーディネーターから、今回の仕事にこういったOAを使うのでそのスキルを習得して欲しいという事で依頼が入るパターンです。 多くのスタッフさんは前者のパ…

丘に立つファミリー

産休後の職場復帰、3つのポイント!時間・協力・人間関係

  産休・育休後の職場復帰・・ 考えただけでも不安になるのではないでしょうか?? この先どんな忙しい毎日が待っているのだろう、育児と家事を回せるのだろうか・・・。 こんな不安を抱えている育休中の正社員ママ達がたくさんいます。 忙しくなるとはわかっているけど具体的にどう乗り切ればいいのだろう。 あなたの周りには仕事と育児を上手く回している先輩ママがいませんか? そんな先輩たちがどんな技で毎日を乗り切っているかご存知ですか? 復帰後のあなたの生活に少しでもゆとりを出すコツをご紹介します。 時間管理のコツ 産休が終わりいよいよ職場復帰となると慣れない毎日が襲いかかってきます。 朝は今までより早く起き、まずは朝食の支度をし自分だけパパッと先に食べる。 慌てて着替えてお化粧し、子供を抱えて起こし、朝食を食べさせ着替えさせる。 こんな朝が毎日なのに、洗濯とか掃除は一体いつやるの? 自分の時間なんて全然ないじゃない・・・。 こんな風にバタバタするのは時間を作る方法を知らないからです。 ちょっとしたコツを掴んで身につけてしまえば、短時間でも自分の時間が作れます。 いつもより30分早く起きる …

IMG_6235

リクルートスタッフィングとは?サービス詳細を現役スタッフの方に取材:前半

本日は、大手人材派遣会社のリクルートスタッフィングの山下まや様へ、リクルートスタッフィングの特徴や人材派遣の基礎知識などをお伺いさせていただきました。  登録の流れを簡単に教えてください。  まずはWEBサイトからご連絡先など簡単なプロフィールを登録いただき、登録会のご予約を行ってをいただきます。 登録会場として、首都圏には17カ所の登録センターがございます。都心だけではなく、ベッドタウンにも登録センターがございまして、会場の数は派遣会社の中でも多い方だと思います。弊社では「事務職希望の人は新宿へ、販売職希望の方は池袋へ」のように職種や業種によって登録センターが異なることなく、どの会場でも一度でご登録が可能です。ご利用しやすい登録センターをお選びください。 登録は全国に対応(全国42カ所の登録センター)していますので、仮に首都圏でご登録いただいてその後、お引越しをされた場合でも、移住先の地域で再度登録し直す必要はありません。一度のご登録ですべての地域のお仕事のご紹介や就業支援させていただいております。 登録会当日は何時間かかるのでしょうか? 登録会は、派遣のご説明、情報登録、スキルチェ…

pasona201565

2015年6月:転職サイト求人数ランキングでの根拠データ

仕事Journalでは公式サイト及び電話取材によって国内主要転職サイト求人数ランキングを公開してます。こちらのページでは求人数の参照元ページのキャプチャーを公開させていただいてます。 転職サイトを選ぶ際の明確な検討基準として求人数の数は重要なファクターと考えられますのでご参考までに。 (単純に求人数の多い転職サイトはマッチングの確立が高いと推測できます) 2015年6月も引き続き、 リクルートエージェント、リクナビNEXT、DODA、ビズリーチが求人数が増加傾向にあります。 1位 リクルートエージェント リクルートエージェント公式ページ http://www.r-agent.com/ にて確認 公開求人数18436件+非公開求人97129件 合計=115,565件 リクルートエージェントの詳細はこちら 2位 リクナビNEXT 約8万5000件  リクナビNEXT公式ページにて確認 リクナビNEXTの詳細はこちら 3位 DODA 2015年6月5日現在、DODA公式ページ http://doda.jp/promo/bene/025.html にて確認 約40,000件以上 DODAの詳細…

hikarie2

転職エージェントの面談、ポイントと注意点を徹底解説!

・ハタラクティブの面談ルーム 初めて転職エージェントを利用する方などは、面談ってどんな感じだろう? と、不安になる方も多いと思われます。 転職エージェントの面談時に押さえておきたいポイントと注意事項をまとめてみました。 面談は、面接とは違うので気楽なスタンスでOK! 転職エージェントとの面談というと、面接のように身構えてしまう方が多いようですが、転職エージェントはあなたの強力なサポーターとなってくれる存在なので面接のように緊張する必要はありません。   【現役キャリアアドバイザー(CA)の声】 PASONAキャリア:現役アドバイザー三友佐江さん できるだけリラックスした状態で本音をお話いただけるよう心がけてます。建前だけでお話されると、なかなか応募者様に適した求人の紹介が難しくなるので正直な気持でお話いただけた方が、その後のサポートの流れがスムーズになります。 リクルートエージェント:現役キャリアアドバイザー岩澤有紀さん 面談時に、人生相談にのったりすることもあります。【途中省略】ご面談時には、生い立ちや、今までの職業感など極力本音ベースでお話いただき、応募者様の適正に合わせ…

asdfsdfdff

職務経歴書Brush up! 事務職の場合

求職活動を始めるにあたり、どんな職種でも一度は「職務経歴書」を書きますが、いざ自分の職務経歴を書こうとすると、なかなかうまく書けないものですよね。 今回は、事務職経験者の方に特化して、「職務経歴書の書き方のヒント」をお話ししたいと思います。 経験してきた業務内容・ボリュームを他人が想像しやすいように肉付けする お仕事内容を書くにあたり、『営業部で注文書の入力』のお仕事をしていた場合、「注文書の入力」以外にどのような書き方ができるしょうか。 ヒントを探すために、お仕事を振り返ってみましょう。 ・1日に何件くらい入力をしていましたか? また、1件を入力するのにかかる所要時間は?  注文数には季節・月・日による波がありましたか? ・注文書はどこから(一般のお客様/企業/小売店)来るものでしたか? ・納期の調整や、注文のご相談にも乗っていませんでしたか? 振り返るといろいろ情報が出てきましたね。 ではその情報を踏まえて、もう1度書いてみましょう。 「○○の受注業務:1日100件(処理時間5~6分/件)前後の一般顧客からの電話注文を専用システムに入力。○月の繁忙期には、1日最大150件の処理。」…

asdfdsfsdfasdf

はじめての転職エージェント。基本とメリットの解説

今回は「転職エージェント(人材紹介会社」でのお仕事紹介を考えている方へ、「どのような流れでお仕事紹介がされるのか」についてお話していきたいと思います。 転職エージェントを利用するメリット 「非公開型求人」の紹介を受けられる 「新規プロジェクトを極秘で立ちあげるためふさわしい人材を探している(競合他社にプロジェクトの内容がバレたくない場合など)」 「よりよい人材に会いたいので、あえて求人情報を公開していない大手企業」… 専門性の高い求人はいわゆる「非公開求人」となるのが一般的です。非公開求人は、転職エージェントに登録後に担当者から紹介してもらえます。 無料のキャリアアドバイスを受けられる 転職をするにあたり、いろいろ迷うこともあるかと思います。転職エージェントに登録していると、こういった相談を、プロの「キャリアアドバイザー(会社によって名称が異なります)」のアドバイスを無料で受けることができます。自分一人では気がつくことが無い可能性や客観的な市場価値を把握できます。   応募企業との間のスケジュール調整を行ってくれる  転職エージェントを経由して求人企業に応募する場合は、そうし…

asdfdfsd

男女・年齢不問、学歴・職歴経験不問はウソ?本当?!採用担当者の本音

就職活動をする際には必ず応募する企業の求人票を見ますね。募集要項には 「男女不問」「年齢不問」「学歴不問」「未経験者歓迎」などと書かれていることが多いと思います。 果たして、これは本当なのでしょうか?ハローワークや企業のホンネと建て前を探ってみましょう。 男女・年齢・不問はウソ?! 以前はハローワークなどの求人票には性別・年齢等の制限をかけていましたが男女雇用機会均等法や雇用対策法の改正により特定事由以外は募集、採用時の制限が禁止されました。 それによりほとんどの求人募集要項は「性別不問」「年齢不問」になりました。 しかしながら、企業側が人を募集する際には必ず採用したい年齢層や性別が決まっているものです。 採用する側が将来の幹部候補生として育てたいので年齢は30歳までと考えているのに、40歳の人が求人票をそのまま鵜呑みにして応募しても書類選考の段階で年齢が理由で不採用になります。 応募側としては郵送代、書類の印刷代などが無駄になってしまいます。また企業側も履歴書などの応募書類を返送する手間がかかります。 このような双方の無駄な手間を避けるために、最近はハローワークの求人票の募集要項には…

sukausetu

転職サイトのスカウト機能、企業担当から逆にオファーが届く!

  一部の大手転職サイトでは企業からスカウトをしてもらえる機能あります。 思いもよらない企業からスカウトが入ったり、非公開求人が届いたりするため利用する方が急激に増えてる注目のサービスです。   スカウト機能のイメージ図↓   使い方は簡単、   ①最初にスカウト機能のある転職サイトにレジュメ登録します。 ↓ ②企業側からスカウトメールが届きます。   レジュメ登録は、 忙しくて求人を探す時間が無い方や、自分の可能性を知りたい方、自分でどんな会社が向いてるのか分からない方などにお勧めの機能です。   スカウト機能で気になるのが現職や取引先にバレてしまわないか心配になる方もいると思いますが、スカウト機能に対応してる転職サイト各社でスカウト拒否企業の設定機能などプライバシー的にも安心してご利用できます。   参照、DODAのスカウトブロック機能↓     スカウト機能のある転職サイト各社で、セキュリティ機能にはかなり慎重に対策してくれてるので、現職や取引先にバレる心配はありません。 スカウト機能がある…

前ページへ

ページトップへ戻る