その他 一覧

freee151108378726_TP_V

会社での人間関係を崩さない、4つのポイント

  会社で人間関係を作っていくことは必須です。1人では仕事はできないのです。いつかどこかで人の手を借りることになります。しかしうまく人間関係をつくることができなくて、会社生活につまづく人も多いです。では一体どうしたらよいのでしょうか。 1、敵を作らない これが一番肝心です。 一人苦手な人を作ると、その周囲の人とのかかわりすべてがうまくいかなくなることもあるのです。最初は些細なきっかけで関係が崩れてしまって謝る機会を逃してしまっても、それはその溝が浅い間にサラっとでも謝った方が良いです。会社生活とは意外なところで意外な人同士がつながっていることがあって、そんなつもりじゃなかったのに、傷が広がることがあります。好きになる努力は無理ならしなくても良いです。敵対心を持たない方が良いです。 2、迷ったら大多数に合わせる 日本の会社生活はいまだに、自分の意見を持たないで、人に合わせることも多いです。それが処世術なのかもしれません。あくまで合わせる対象は上司になることが多いです。その合わせる意見が正しくなくても事実とは違っていても、時に合わせて流されることが、周囲から浮かないこととなります…

asdfdfeolfsd

2016年1月:転職サイト求人数ランキングでの根拠データ

  仕事Journalでは公式サイト及び電話取材によって国内主要転職サイト求人数ランキングを公開してます。こちらのページでは求人数の参照元ページのキャプチャーを公開させていただいてます。 転職サイトを選ぶ際の明確な検討基準として求人数の数は重要なファクターと考えられますのでご参考までに。 (単純に求人数の多い転職サイトはマッチングの確立が高いと推測できます) 1位 DODA 2016年1月6日現在、DODA公式ページ http://doda.jp/promo/bene/033.html にて確認 約100,000件以上 DODAの詳細はこちら   2位 リクナビNEXT 約8万5000件  リクナビNEXT公式ページにて確認 リクナビNEXTの詳細はこちら     3位 ビズリーチ 2016年1月6日現在、BIZREACH公式ページ https://www.bizreach.jp/landing/pc/hh_jpf03_b にて確認 公開中の求人数44,149件 ビズリーチの詳細ページはこちら     5位 PASONAキャリ…

a0003_001879

フリーターから正社員への就職活動、対策4つ

フリーターから正社員への就職で苦労されている方が多いと思います。 実際、社会人経験の無い方の就活は厳しいのが現状です。 今回はフリーターから正社員に転職を考えた方にお勧めの対策7つをまとめてみました   1、ハローワークに相談する ハローワーク(公共職業安定所)は、厚生労働省が設置している行政機関で日本全国に展開しています。 無料で相談員の方が就職相談を受けてくれるので、正社員としての就職を考えた際は一度相談してみるのがお勧めです。ハローワークの所在地一覧はこちら ハローワークは国が設置した雇用安定所なため企業は無料で求人広告を出す事ができます。反面採用意欲の低い企業がなんとなく求人を出しているケースも散見されます。 ”全ての求人”がハローワークに集結しているわけでは無いです。 企業の採用担当者としては、良い方でであれば高い求人広告料を払っても採用したいと考える企業の方が一般的です。そのため民間の転職サイト(リクナビNEXTなど)に”だけ”求人を出している企業も多いです。 2、民間の正社員向け求人サイトを利用する 社会人経験の無い方が正社員求人を探すのであれば、リクナビNEX…

丘に立つファミリー

産休後の職場復帰、3つのポイント!時間・協力・人間関係

  産休・育休後の職場復帰・・ 考えただけでも不安になるのではないでしょうか?? この先どんな忙しい毎日が待っているのだろう、育児と家事を回せるのだろうか・・・。 こんな不安を抱えている育休中の正社員ママ達がたくさんいます。 忙しくなるとはわかっているけど具体的にどう乗り切ればいいのだろう。 あなたの周りには仕事と育児を上手く回している先輩ママがいませんか? そんな先輩たちがどんな技で毎日を乗り切っているかご存知ですか? 復帰後のあなたの生活に少しでもゆとりを出すコツをご紹介します。 時間管理のコツ 産休が終わりいよいよ職場復帰となると慣れない毎日が襲いかかってきます。 朝は今までより早く起き、まずは朝食の支度をし自分だけパパッと先に食べる。 慌てて着替えてお化粧し、子供を抱えて起こし、朝食を食べさせ着替えさせる。 こんな朝が毎日なのに、洗濯とか掃除は一体いつやるの? 自分の時間なんて全然ないじゃない・・・。 こんな風にバタバタするのは時間を作る方法を知らないからです。 ちょっとしたコツを掴んで身につけてしまえば、短時間でも自分の時間が作れます。 いつもより30分早く起きる …

pasona201565

2015年6月:転職サイト求人数ランキングでの根拠データ

仕事Journalでは公式サイト及び電話取材によって国内主要転職サイト求人数ランキングを公開してます。こちらのページでは求人数の参照元ページのキャプチャーを公開させていただいてます。 転職サイトを選ぶ際の明確な検討基準として求人数の数は重要なファクターと考えられますのでご参考までに。 (単純に求人数の多い転職サイトはマッチングの確立が高いと推測できます) 2015年6月も引き続き、 リクルートエージェント、リクナビNEXT、DODA、ビズリーチが求人数が増加傾向にあります。 1位 リクルートエージェント リクルートエージェント公式ページ http://www.r-agent.com/ にて確認 公開求人数18436件+非公開求人97129件 合計=115,565件 リクルートエージェントの詳細はこちら 2位 リクナビNEXT 約8万5000件  リクナビNEXT公式ページにて確認 リクナビNEXTの詳細はこちら 3位 DODA 2015年6月5日現在、DODA公式ページ http://doda.jp/promo/bene/025.html にて確認 約40,000件以上 DODAの詳細…

asdfdfsd

男女・年齢不問、学歴・職歴経験不問はウソ?本当?!採用担当者の本音

就職活動をする際には必ず応募する企業の求人票を見ますね。募集要項には 「男女不問」「年齢不問」「学歴不問」「未経験者歓迎」などと書かれていることが多いと思います。 果たして、これは本当なのでしょうか?ハローワークや企業のホンネと建て前を探ってみましょう。 男女・年齢・不問はウソ?! 以前はハローワークなどの求人票には性別・年齢等の制限をかけていましたが男女雇用機会均等法や雇用対策法の改正により特定事由以外は募集、採用時の制限が禁止されました。 それによりほとんどの求人募集要項は「性別不問」「年齢不問」になりました。 しかしながら、企業側が人を募集する際には必ず採用したい年齢層や性別が決まっているものです。 採用する側が将来の幹部候補生として育てたいので年齢は30歳までと考えているのに、40歳の人が求人票をそのまま鵜呑みにして応募しても書類選考の段階で年齢が理由で不採用になります。 応募側としては郵送代、書類の印刷代などが無駄になってしまいます。また企業側も履歴書などの応募書類を返送する手間がかかります。 このような双方の無駄な手間を避けるために、最近はハローワークの求人票の募集要項には…

sukausetu

転職サイトのスカウト機能、企業担当から逆にオファーが届く!

  一部の大手転職サイトでは企業からスカウトをしてもらえる機能あります。 思いもよらない企業からスカウトが入ったり、非公開求人が届いたりするため利用する方が急激に増えてる注目のサービスです。   スカウト機能のイメージ図↓   使い方は簡単、   ①最初にスカウト機能のある転職サイトにレジュメ登録します。 ↓ ②企業側からスカウトメールが届きます。   レジュメ登録は、 忙しくて求人を探す時間が無い方や、自分の可能性を知りたい方、自分でどんな会社が向いてるのか分からない方などにお勧めの機能です。   スカウト機能で気になるのが現職や取引先にバレてしまわないか心配になる方もいると思いますが、スカウト機能に対応してる転職サイト各社でスカウト拒否企業の設定機能などプライバシー的にも安心してご利用できます。   参照、DODAのスカウトブロック機能↓     スカウト機能のある転職サイト各社で、セキュリティ機能にはかなり慎重に対策してくれてるので、現職や取引先にバレる心配はありません。 スカウト機能がある…

asdfdsfdd

人事担当者は応募者のここを見ている!

人事担当者は応募者のここを見ている 人票などを見て、「この会社で働きたい。」と思ったら求人内容の詳細について問い合わせることがよくありますね。 「ちょっと聞いてみよう」くらいの軽い気持ちであっても、 電話の向こうではそんなあなたの電話応対の様子をチェックしています。 そう、面接はもうこのときから始まっているのです。   では、応募する際に気を付けなければならないことを状況に沿って見てみましょう。 応募したい企業への電話での問合わせ 採用担当者はあなたのここを見ている!   「○○に掲載されていた御社の求人票を見たのですが・・・」と 伝えたときから企業側はあなたの電話応対をチェックし始めています。 それは人事部以外の部署の社員であっても同様です。 自分の名前を名乗らずいきなり要件に入るなんていうのはもってのほか! まずは自分の名前を名乗り、要件を簡潔に述べる。社会人としてふさわしい敬語を使う。声のトーンは普段より少し高めのほうが相手に聞き取りやすいものです。 また話すときは下を向くより顔を上げたほうが明るい印象を相手に与えることができます。   電話の場合は…

sadfdsfewf

転職エージェントから「いい」仕事を紹介してもらうコツ!元人材紹介勤務多胡さんからのアドバイス

  転職エージェントに登録したけどなかなか希望する求人が紹介されない・・ そんな悩みをもたれる方もいるかと思います。転職エージェント(人材紹介会社)から良いお仕事を紹介してもらうコツがいくつかあります。 某転職エージェントに10年努めてた私からのアドバイスをまとめてみました。 コツ1:自分が仕事探しで優先することを明文化し、転職エージェントと共有する 自分にとって「いい」お仕事とはどんなお仕事でしょうか。 ・誰もが知っている一流企業の仕事 ・ややハードな業務内容だが、給与がいい仕事 ・ワークライフバランスを大事にしながら、無理せず楽しく働ける仕事 ・自分が興味を持っている○○について扱える仕事 …考えるとひとそれぞれの回答が出てくるかと思います。 また、同じ人でもその時の状況によって「いいお仕事」は変わってきます。 例えば、まだ若いうちで様々な経験を積みたい時期であれば「残業が多めでもバリバリ働ける会社」がいい会社かもしれませんし、育児や介護をしながら働きたい場合は「時間の融通がある程度きく会社」がいい会社かもしれません。 と考えてみて「今の自分にとって一番『いい』会社」=自…

asdfdfdsfdsfa

人工知能が人間の雇用を破壊する?!

  人工知能(AI)という言葉は昔からあり、ロボットの進化と合わせて、未来には「人間が機械に負ける」「人間対機械の時代がくる」と想像され、多くの映画や小説でも描かれました。ここでは、その鍵とも言える「人工知能」が果たして人間を超えるのか、そして結果として人間の雇用を奪うのかという論点について考えてみたいと思います。 人工知能発展の軌跡 そもそも人工知能という言葉は1956年に誕生したと言われています。当時は複雑な迷路の解き方や、人間にチェスで勝てるプログラムの開発などが進められていました。それは一部成功し、この方式で人間が保有するこれまでの経験・知識などをデータ化すれば、あらゆる分野で人間に勝てる処理を行うことができるだろうと言われました。しかし問題は、人間が持つ経験・知識が膨大すぎて、コンピューターにそれを全てインプットすることが困難であることでした。 人工知能の飛躍的発展を約束した出来事 その問題点を解決する出来事が起きたのが2012年、人工知能の大会でカナダのトロント大学が圧勝した技術をきかっけに始まります。それが「ディープラーニング」という方法です。これは、人間の脳の…

ページトップへ戻る