転職基礎知識 一覧

doda20166-21hikoukai.jpg

2016年、非公開求人の攻略が転職活動の成否を分けます。

ご存知ですか? 2016年現在、質の高い求人の多くが転職サイトの非公開求人に集まっています。 例えば、リクルートに次いで人材業界2位のDODAでは求人の約8割以上が非公開です。 画像参照:DODA公式サイト DODAの求人数は10万件弱で推移しているので、約8万件前後の求人が非公開求人となります。当然、DODAの非公開求人はDODAに登録しなければ求人の存在すら確認すらできません。。。 DODA以外の大手転職サイト(JACリクルートメント、ビズリーチ、リクルートエージェント、マイナビエージェント、パソナキャリア、type転職エージェント)でも非公開求人が7割以上で推移しています。 一昔前まではリクナビNEXTなどの公開型求人サイトが一般的でしたが、最近では非公開求人中心の転職サイトのシェアが急激に増加しています。 目玉求人ほど、独占非公開求人! 近年、転職サイト間のシェア争いの激しさが増しています。各転職サイトでは他社との違いを出すために独占非公開求人の充実に注力しています。 転職サイトでは採用企業から紹介料又は広告掲載料としてフィーを受け取る事でビジネスとして成立しています。 値引き…

hikarie2

転職エージェントの面談、ポイントと注意点を徹底解説!

・ハタラクティブの面談ルーム 初めて転職エージェントを利用する方などは、面談ってどんな感じだろう? と、不安になる方も多いと思われます。 転職エージェントの面談時に押さえておきたいポイントと注意事項をまとめてみました。 面談は、面接とは違うので気楽なスタンスでOK! 転職エージェントとの面談というと、面接のように身構えてしまう方が多いようですが、転職エージェントはあなたの強力なサポーターとなってくれる存在なので面接のように緊張する必要はありません。   【現役キャリアアドバイザー(CA)の声】 PASONAキャリア:現役アドバイザー三友佐江さん できるだけリラックスした状態で本音をお話いただけるよう心がけてます。建前だけでお話されると、なかなか応募者様に適した求人の紹介が難しくなるので正直な気持でお話いただけた方が、その後のサポートの流れがスムーズになります。 リクルートエージェント:現役キャリアアドバイザー岩澤有紀さん 面談時に、人生相談にのったりすることもあります。【途中省略】ご面談時には、生い立ちや、今までの職業感など極力本音ベースでお話いただき、応募者様の適正に合わせ…

asdfsdfdff

職務経歴書Brush up! 事務職の場合

求職活動を始めるにあたり、どんな職種でも一度は「職務経歴書」を書きますが、いざ自分の職務経歴を書こうとすると、なかなかうまく書けないものですよね。 今回は、事務職経験者の方に特化して、「職務経歴書の書き方のヒント」をお話ししたいと思います。 経験してきた業務内容・ボリュームを他人が想像しやすいように肉付けする お仕事内容を書くにあたり、『営業部で注文書の入力』のお仕事をしていた場合、「注文書の入力」以外にどのような書き方ができるしょうか。 ヒントを探すために、お仕事を振り返ってみましょう。 ・1日に何件くらい入力をしていましたか? また、1件を入力するのにかかる所要時間は?  注文数には季節・月・日による波がありましたか? ・注文書はどこから(一般のお客様/企業/小売店)来るものでしたか? ・納期の調整や、注文のご相談にも乗っていませんでしたか? 振り返るといろいろ情報が出てきましたね。 ではその情報を踏まえて、もう1度書いてみましょう。 「○○の受注業務:1日100件(処理時間5~6分/件)前後の一般顧客からの電話注文を専用システムに入力。○月の繁忙期には、1日最大150件の処理。」…

asdfdsfsdfasdf

はじめての転職エージェント。基本とメリットの解説

今回は「転職エージェント(人材紹介会社」でのお仕事紹介を考えている方へ、「どのような流れでお仕事紹介がされるのか」についてお話していきたいと思います。 転職エージェントを利用するメリット 「非公開型求人」の紹介を受けられる 「新規プロジェクトを極秘で立ちあげるためふさわしい人材を探している(競合他社にプロジェクトの内容がバレたくない場合など)」 「よりよい人材に会いたいので、あえて求人情報を公開していない大手企業」… 専門性の高い求人はいわゆる「非公開求人」となるのが一般的です。非公開求人は、転職エージェントに登録後に担当者から紹介してもらえます。 無料のキャリアアドバイスを受けられる 転職をするにあたり、いろいろ迷うこともあるかと思います。転職エージェントに登録していると、こういった相談を、プロの「キャリアアドバイザー(会社によって名称が異なります)」のアドバイスを無料で受けることができます。自分一人では気がつくことが無い可能性や客観的な市場価値を把握できます。   応募企業との間のスケジュール調整を行ってくれる  転職エージェントを経由して求人企業に応募する場合は、そうし…

ページトップへ戻る