freee151108378726_TP_V

 

会社で人間関係を作っていくことは必須です。1人では仕事はできないのです。いつかどこかで人の手を借りることになります。しかしうまく人間関係をつくることができなくて、会社生活につまづく人も多いです。では一体どうしたらよいのでしょうか。

1、敵を作らない これが一番肝心です。

一人苦手な人を作ると、その周囲の人とのかかわりすべてがうまくいかなくなることもあるのです。最初は些細なきっかけで関係が崩れてしまって謝る機会を逃してしまっても、それはその溝が浅い間にサラっとでも謝った方が良いです。会社生活とは意外なところで意外な人同士がつながっていることがあって、そんなつもりじゃなかったのに、傷が広がることがあります。好きになる努力は無理ならしなくても良いです。敵対心を持たない方が良いです。

2、迷ったら大多数に合わせる

日本の会社生活はいまだに、自分の意見を持たないで、人に合わせることも多いです。それが処世術なのかもしれません。あくまで合わせる対象は上司になることが多いです。その合わせる意見が正しくなくても事実とは違っていても、時に合わせて流されることが、周囲から浮かないこととなります。その意見に流されている人が、本心なのか流されているだけなのはわかりにくいこともありますが、自分で強い思い込みや自信を持ちすぎると周囲から浮いて会社生活を歩みずらくなります。

 

3、一人信用できる上司を作る

信用できる上司と言うものを見つけるには自分の確かな目も必要です。最初は見抜くときに大変です。しかもこの上司は自分のもともとの考えに合っていると望ましいです。いざと言うときに助けてもらえる上司はとても心強いです。考えの方向性などがあっていること、心から安心して頼りになります。慕われて嫌な上司はいないとは思いますが、自分自身を気になる存在にしておくには、例えば長い間頑張り続けるなどの努力も必要です。

4、たまには飲み会に参加する

人間関係の構築が苦手な人ほど、飲み会に参加したくない傾向にあります。その気持ちはわかりますが、その飲み会に参加してみることは良いことです。参加していることで、みんなと輪を作る気があるんだなと思われたり、飲み会に参加という会社の指示に従えるんだな、と思われます。飲み会の内容は仕事ではありませんが、行事の一環としてとらえられているものは、できるだけ参加してみんなと交流を深めていくようにしましょう。最初は慣れなくても、回数重ねることで自分の身の置き所がわかるようになってきます。

 

記事作成者:えみこ