IMG_6235

本日は、大手人材派遣会社のリクルートスタッフィングの山下まや様へ、リクルートスタッフィングの特徴や人材派遣の基礎知識などをお伺いさせていただきました。

 登録の流れを簡単に教えてください。

 まずはWEBサイトからご連絡先など簡単なプロフィールを登録いただき、登録会のご予約を行ってをいただきます。

登録会場として、首都圏には17カ所の登録センターがございます。都心だけではなく、ベッドタウンにも登録センターがございまして、会場の数は派遣会社の中でも多い方だと思います。弊社では「事務職希望の人は新宿へ、販売職希望の方は池袋へ」のように職種や業種によって登録センターが異なることなく、どの会場でも一度でご登録が可能です。ご利用しやすい登録センターをお選びください。

登録は全国に対応(全国42カ所の登録センター)していますので、仮に首都圏でご登録いただいてその後、お引越しをされた場合でも、移住先の地域で再度登録し直す必要はありません。一度のご登録ですべての地域のお仕事のご紹介や就業支援させていただいております。

登録会当日は何時間かかるのでしょうか?

登録会は、派遣のご説明、情報登録、スキルチェック、面談などで1時間半から2時間程度となります。

登録後のお仕事紹介の流れは?

最初のお仕事紹介では、ジョブコーディネーターという職種・地域に特化した専任担当が行います。

弊社では、英語、経理、事務職、IT職、営業職、販売職などと職種ごとに分けてコーディネーターが在籍しています。それらの担当コーディネーターより、電話もしくはメールでお仕事をご紹介させていただきます。

お仕事をお選びいただいた後は、そのお仕事の営業担当者にバトンタッチをして、実際に企業へ職場見学を行います。

お仕事を始める前に実際の職場の雰囲気を確認できますので安心してご就業いただけます。

その後、弊社が最終決定をして雇用契約を締結し就業が決定します。

派遣と直雇用(正社員など)の違いは?

派遣という働き方は直雇用(正社員など)とあらゆる点で異なります。

直雇用の場合は、お仕事を探すところからスタートし、履歴書を書き、面接に行き、現職の退職手続きを行い・・・と全て自分で行います。 派遣でのご就業の場合、派遣会社がセッティングさせていただくことが多く、弊社の場合ですと、履歴書や職務経歴書を弊社でご用意させていただきます。 職場見学も私達が同行いたしますので心配いりません。

その他にもご要望に合わせたお仕事の条件を選べる点も派遣の特徴です。 直雇用の場合、具体的にはどこに配属されてどんな仕事の範囲なのかなど、お仕事の詳細が分からないまま仕事をスタートすることもあると思います。

派遣でのご就業の場合は、配属部署、仕事の範囲、業務上使うOAのスキル、残業の時間があらかじめわかり、部署の人数や男女比、喫煙環境の有無など細かくわかることもあります。入ってみて「こんなはずじゃなかったのに」というミスマッチを防ぎたいという弊社の思いもあるので、お仕事する前に出来る限り情報をお伝えするようにしています。

その他のメリットとしては、様々な業界で勤務できるというメリットもあると思います。違う業界でお仕事をしたい場合には、契約更新時に別の業界でのお仕事をご希望いただければご紹介が可能です。

豊富な選択肢の中から自分が希望するお仕事を選べるということは、正社員や契約社員には無い、派遣で働くことのメリットだと思います。

働く時間はフルタイムのお仕事が多いのでしょうか?

フルタイムのお仕事がメインです。

ただ、フルタイムといっても残業の多いお仕事、少ないお仕事があるのでご希望に合わせてご紹介しています。 派遣で働いている方の多くは残業時間に関して、例えば月に10時間など、きちんとご自身の希望を持っている方が多いです。

では、子育て中のママさんには派遣は適していますね。

育児や家事を重要視されている方はもちろん、きちんと習い事を通いたい方など時間に制限がある方には適している働き方だと思います。

 育児をされて少し時間が空いてしまったという方や、ずっと一社で長く働いていて転職活動は久しぶりという方は、ご自身の履歴書やアピールポイント書くのは大変という声を伺っています。

弊社ではキャリアカウンセリングや面接対策講座などの研修でサポートさせていただきます。積極的にご利用いただければと思います。

お仕事について、契約期間は長期と短期のどちらが多いですか?

3ヶ月以上継続する可能性のある長期契約の方が多いです。

長期とはどの位の期間なのでしょうか?

弊社では3ヵ月以上更新の可能性がある場合です。 更新は自動更新ではなく双方の合意の下にという形になりますので、弊社とスタッフさんがOKという事であれば契約更新をする形になります。

世の中的に派遣は賃金が安いなどとネガティブなイメージが多いと思いますが最近はどういう傾向なのでしょうか?僕の感触では大分時給が上がってきている印象がありますが。

リーマンショック以降、お仕事も増えており時給は上がってきています

平均的な求人例ですと1,600円位の平均時給、1日7.5時間勤務の場合、1ヶ月20日の営業日の計算で約24万円。残業が無くても24万円という形になります。

 派遣を知らないでアルバイトやパートなどをされる方は、時給が大きく違うからもったいないですね。

時給1500円から1600円のお仕事が中心ですので、時給の面では良いと思います。その代わりその仕事のプロフェッショナルとしてお仕事に就いていただく責任がありますので、単純な比較は難しいです。

御社でスキルアップされて、時給が上がる方は多いのですか?

スキルアップには特に弊社は力を入れており、多くの方に弊社の無料研修をご利用いただいております。

スキルアップの事例としては、

・事務未経験で1社目で事務業務をマスターして、2社目で事務の経験者として他のお仕事に就き時給をUPにつながった方。

・1社目は英語を使わなかったが、2社目では英語の資格を取得して時給UPにつながった方。

・1社目は経理で伝票処理だけをしていたが、2社目に仕訳、決算の業務を経験し時給UPにつながった方。

仕事を通じてどんどんスキルアップが出来き、時給という形で目に見えてお給料が上がる点も派遣の一つの強みだと思います。rikusta6051101

また、OAのスキルアップをサポートする無料のアプリもあります。 リクルートの「資格サプリ」という商品では、スマホやタブレットやPCで簿記の2級、3級の取得サポートや、TOEICのスコアアップなどが出来る月額制のアプリがあります。弊社にご登録いただいたスタッフさんは優待価格でご利用いただけます。

お仕事の紹介はもちろんのこと、紹介後にその方がより長く、生き生きと働いていただく為の資格取得のサポートし、ライフスタイルや場所、職種を変えて仕事のシフトチェンジをする時にも弊社を使っていただきたいなと思っています。

研修なども全て無料で行っているのでしょうか?

一部有料のコンテンツがありますが、ほとんどの研修が無料です。

研修ではないですが、TOEICの団体受験制度がありまして、個人で受けるよりお得にTOEIC®のテストが受けられます。 他には、経理の集中セミナーと資格試験も全部セットになった「経理資格取得応援支援」があります。こちらは有料になります。

 

後編:リクルートスタッフィングの研修ついてはこちら