hikarie2

・ハタラクティブの面談ルーム

初めて転職エージェントを利用する方などは、面談ってどんな感じだろう?

と、不安になる方も多いと思われます。

転職エージェントの面談時に押さえておきたいポイントと注意事項をまとめてみました。

面談は、面接とは違うので気楽なスタンスでOK!

転職エージェントとの面談というと、面接のように身構えてしまう方が多いようですが、転職エージェントはあなたの強力なサポーターとなってくれる存在なので面接のように緊張する必要はありません

 

【現役キャリアアドバイザー(CA)の声】

paso-00102PASONAキャリア:現役アドバイザー三友佐江さん

できるだけリラックスした状態で本音をお話いただけるよう心がけてます。建前だけでお話されると、なかなか応募者様に適した求人の紹介が難しくなるので正直な気持でお話いただけた方が、その後のサポートの流れがスムーズになります。

rikuoo-3リクルートエージェント:現役キャリアアドバイザー岩澤有紀さん

面談時に、人生相談にのったりすることもあります。【途中省略】ご面談時には、生い立ちや、今までの職業感など極力本音ベースでお話いただき、応募者様の適正に合わせつつ最良の結果が出せるように意識してます

ty0093type転職エージェント:エキスパートキャリアアドバイザー中嶋千博さん

キャリア形成などの相談だけでも、お気軽にご来社いただければと思います。すぐ転職する必要性が無い方で、初めてのカウンセリング面談から半年後や1年後に転職成功される方もいらっしゃいます。またお話しを伺った結果、「それって今の会社でもできませんか?」とご提案することもあります。

このように、ほとんどの転職エージェントのキャリアアドバイザー(※以下CA)の方が気楽なスタンスでご来社くださいと言ってました。

 

面談ではこんな事が聞かれます

1,これまでの職歴など

必ず聞かれるのはこれまでの職歴や実績。

誇れる実績を残してる方は面談時に積極的にアピールしましょう。

これまでの経歴に自身が無い場合であっても、ある程度正直に話した方が良い。(ただ、あまりにもネガティブな事を話してしまうと、CAとしては企業側に紹介しにくいと感じてしまうので、ほどほどに。)

経歴詐称は後々バレるので絶対にNG!

ほとんどのCAは、面談時にできるだけ応募者のアピール材料を引き出そうとしてくれます。自分では当たり前と思ってる事であっても、CAとの面談を通じて有効なアピール材料として認識できる事が多々あります。

2,現在の転職活動状況

すでに他の転職エージェントを併用してる場合は正直に話した方が良いです。転職エージェントの掛け持ちは一般的なので何もやましい事はありません。逆に熱心に転職活動には励まれてると理解されます。

他社との重複応募など面倒な事になってしまうので、転職エージェントの掛け持ちや、応募中企業先情報などは正直に話しておいた方が良いです。

3,転職の理由

転職の理由も面談時に聞かれる事が多いです。転職エージェントとの面談は面接とは違うので、できるだけ正直に転職の理由を話してください。CAが転職の理由を聞く目的は、現職などでの不満点をできるだけ無くして、より満足のいく転職に繋げたいと考えて転職の理由を聞くケースがほとんどです。

4,希望

ある程度転職の目的が明確な方には希望とする年収や、転職したい業界や企業について聞かれます。現時点での素直な希望を話した方が良いです。

どうせ無理だろと考えて、本心と違う希望条件を出してしまうと後々不満が残る転職になってしまうので、希望条件に関してもできるだけ正直に話してください。

5,転職の理由や目的が明確じゃ無い場合。

応募先企業や転職の目的などが明確で無い場合は、いわゆる転職の軸の確立から進めます。

事前に、自分なりに転職の軸を決めておくのも良いですが、面談当日にCAの方と一緒に転職の軸を固めても問題無いです。案外、自分自身の事は一番分からないものです。一人よがりな自己分析に固執するよりは、CAの意見を聞きながら転職の軸を確立する方が効率的と言えるでしょう。

【面談時のCA側の心理】

CA側としては、できるだけ応募者の本音をヒアリングして、企業・応募者の双方が満足いく転職になってほしいと考えてます。

決して綺麗事では無く、双方に不満が残る転職となってしまうと、クレームに繋がりリピート受注が減少してしまいます。特に、大手転職エージェント間での競争が激しいため満足度の向上をKPIに掲げてるケースが多いです。

ネット掲示板などでは、無理やり応募させられたなどとネガティブなレスがたまに散見されますが、現場の感覚からすればそんな事は無いと考えて間違いありません。

CAとしては応募者ができるだけ満足して、転職先企業で活躍してもらいたいと考えて面談に挑んでるので、できるだけ正直に相談してください。

面談でよくあるNG

1,愚痴っぽい話はNG

CAの方は人当たりが良い方が多いため、ついつい現職の愚痴っぽい話をしたくなってしまいますが、愚痴っぽい話はNG!愚痴っぽい方で仕事ができる方は少ないですよね?いくら人当たりの良いキャリアアドバイザーだとしても愚痴が多い方は、この人に求人を紹介して大丈夫か?!と、不安になってしまいますので愚痴は避けてください。

2,他社の転職エージェントなどの悪口もNG

1と関連しますが、他社の悪口を言う方は自分の事も他社に行ったら悪く言うのでか?と勘ぐられてしまいます。逆に「他社ではこう言われたんですけど。。」的な、他社との比較をも避けた方が無難です。

3,知ったかぶらない

転職エージェントについて事前に調べた方などは、「あ、それは知ってますハイハイ」的な対応をしがちなので注意が必要です。面談時に分からない点があった際は確実に質問して疑問を解決しましょう!

疑問に思った点や不安な点などそのままにしておくと後々意志の疎通が上手くいかない原因となってしまうパターンが多いので面談時に極力解決しておきましょう。

4,偉そうにしない

年収の高い方やキャリアが豊富な方などに多い傾向にあるのですが、転職エージェントを”使ってやってる的”な偉そうな態度はNGです。偉そうな態度の方に心から応援してあげたくならないものです。

5,媚びない

逆に、CAに好かれようと必死になりすぎるのも考えものです。

転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)も人間です。面談ではCA側の気持ちになって考える事が大切です。

・面談場所

面談は基本的に転職エージェントのオフィスで実施されます。

rikuekizi2014123-3リクルートエージェントの面談ルーム

 

type20141112005

typeの人材紹介の面談ルーム

 

このような一般的な企業の打ち合わせルームのような場所での面談となります。

基本的に、転職エージェントのCA(キャリアアドバイザー)とのマンツーマンでの面談となり、上記写真のような比較的こじんまりとした個室を数十確保してる所が多いです。

大手転職エージェント各社では、面談ルームが確保できない限り面談時間のアポは取らないため、基本的にプライバシーが守られた個室にて安心して面談できます。

中小の転職エージェントでは稀に喫茶店などで面談するケースもありますが、転職というセンシティブな話題を喫茶店などで話すのはお勧めできないので、転職エージェントを初めて利用する方などは、個室の面談場所を確保してる大手転職エージェントがお勧めです。

面談時間

面談時間ですが、1時間〜1時間半程度の所が多いです。

面談時間に関しては、平日の夜に対応されてる所がほとんどなため、現在在職中の方は仕事が終わった後に立ち寄る方が多いようです。

祝日に関しては土日完全対応と、土曜日のみ対応の転職エージェント別れます。

 地方在住の方などで、面談場所へのアクセスが厳しい方などは、電話面談にも対応してる所が多いです。電話面談の場合は30分〜1時間程度が多いです。

ただ、電話面談ではお互いの表情や微妙なニュアンスがつかみにくいためできれば、ご来社いただいての面談をしていただきたいと答える現役キャリアアドバイザーが多いです。

服装

服装に関しては昨今のカジュアル傾向の流れの影響か、特に問わないと答えるエージェントが多いです。ただ、あまりにもラフすぎる服装は印象を悪くしてしまうので清潔感のある服装が無難です。

転職エージェント求人数ランキングはこちら