DSCF1071

 今回は、IT業界専門の転職エージェント、レバテックの現役キャリアアドバイザー山田諒さんに転職支援サービスの内容や転職事情について取材させていただきました!(インタビュアー鈴木文俊:以下青文字)

 大手求人サイトとの主な違いを教えていただけますか。

求人サイトとの大きな違いは私のようなキャリアコンサルタントが担当として転職支援をさせていただく事です。
キャリアコンサルタントがつくメリットは主に2つございます。

1点目は、非公開求人を紹介してもらえることです。一般的に好待遇の求人や幹部クラスの求人は転職サイトなどには出まわらず、非公開求人として扱われることが多いです。このような求人に応募するには転職エージェントを利用する必要があります。


2点目は、条件面の交渉や日程調整などの面倒な手続きをすべて代理で行ってもらえることです。在職のままで転職活動をスタートする場合、十分に時間を割けない場合も多いですが、このような雑務はすべてエージェントに任せ、ご自分は面接のみに集中することができます。

実際にサービスを利用する際の流れを教えて下さい。

弊社のサービスにご登録頂いた後、一度弊社(渋谷ヒカリエ)にご来社いただいて、今後やりたい仕事や、転職の軸などをヒアリングさせていただきます。その後、ご要望に沿った求人をご紹介し、応募・面接・入社までの支援をさせていただくという流れになります。

 同業他社と比べた強みはありますか。

やはりIT業界に特化しているというのが強みです。
他の総合エージェントさんと比べても業界の専門知識が違うと思います。
また、弊社では、フリーランスのエンジニアの方への案件紹介も手がけています。

実際に私がご紹介する企業に、弊社経由でフリーランスとして常駐している方がいらっしゃる場合もあり、現場に直結したリアルな情報を得られるという点も弊社ならではの強みですね。
 
例えば、求人票では「すごく落ち着いた環境で仕事ができます」などの情報があると思いますが、それに対して実際は“どう働きやすいのか”というところを深く掘り下げてご提案することができます。

面接慣れしていない方などへの対策はされているのですか?

はい、もちろん対策をさせて頂いております。
企業ごとに面接詳細という、人事担当者の特徴やよく聞かれる質問をまとめた資料を作成しており、応募先企業に最適なスタイルの面接対策を実施させていただきます。
必要であれば、簡単な模擬面談をさせていただく事もあり、本番の面接前に模擬面接をしておくと気持ちが楽になると仰っていただける事が多いです。

 利用される方はどの年齢層、どの地域が多いですか?

利用者の方の年齢層は25~35歳くらいの年齢でおよそ七割を占めます。30代後半の方で20%、残りの10%で40代または50代前半という感じです。
対応エリアは原則、首都圏限定となっていますが、地方在住の方であっても首都圏での勤務を希望される方の場合はご登録の際に備考やコメント欄にてその旨を記載いただければ対応をさせていただいております。
また、忙しい方や地方の方は、スカイプや電話面談も可能です。

面談は、私服でも問題ないでしょうか。

 問題ありません。むしろラフな格好でお気軽にお越しいただきたいです。

 転職の意思が固まっていなくても相談にのってもらえるのでしょうか。

reba4もちろんです。

「転職の面談」というと固く考えてしまいますが、本当に気軽な気持ちでご相談に来てくださると嬉しいです。

場合によってはご希望条件を聞いた上で現職に残った方がいいというご提案をすることもあります。無理に転職を勧めて早期退職に繋がってしまうのがお互いに一番不幸ですからね。
クライアントの信用にも繋がるので、ミスマッチが予想される転職は絶対に勧めないようにしています。

 

スキルアップと年収アップではどちらを希望される方が多いですか?

どちらかというとスキルアップが多いと思います。
特に「これまでBtoBを手掛けていたが、ユーザーの反応がダイレクトに伝わるBtoCでチャレンジしたいという」ご要望を頂くことが本当に多いですね。
 
年収アップに関しては、現在の市場環境とその方のスキルで適切な判断をさせていただいております。年収を実際の市場価格よりも極端に高く求められる方に対しては実際の相場感を正直にお伝えさせていただいております。
 
逆に、明らかに現職のお給料が安い方などの場合は大幅に給与が上がるケースもございます。
私が担当させていただいた方で二次受けのSIerとして勤務されていた方がいらっしゃったんですが、その方は非常にスキルが高く、逆に一次請けのエンジニアさんに技術指導をしていました。
そういう方には対しては、スキルに見合った年収をもらえるよう交渉をさせていただきます。

SIerからWEB系企業に移動される方は多いですか。

IT業界全体で見るとSIerの人口は多いので弊社に登録される方にも一定数いらっしゃいます
転職直後は開発のスピード感の違いに戸惑う方もいらっしゃいますが、SIer出身の方は基本の技術をしっかり学んでいる方が多いのでしっかり適応できるようです。
 
中にはWEB系に転職するために、RubyやPHPなどのWEB系の言語をプライベートで学んでいる方もいらっしゃいます。もちろん知識があるにこしたことはないですが必ずしも転職前にWEB系のスキルを身につけておかなければダメといった事はございません。

SIer出身の方でWEB系への転職を希望される方はお気軽にご相談いただれば最新の業界動向や技術動向をアドバイスできるかと思います。

 エンジニア以外の職種の方もサポートしていますか。

ディレクターやプランナー、WEBデザイナーなどクリエイター職種の方々のご支援もしております。
特に3Dデザイナーの方などは市場感として人財不足が深刻ですので、経験が浅い方でも是非、登録していただきたいですね。

転職で成功する方に共通した特徴などはありますか。

当たり前のことかもしれませんがエージェントの私たちに対しても気遣いができる方は、どこの企業でも印象がいいですし内定が出やすいと思います。後は、実際に勉強されている方です。これがやりたい、あれがやりたいと口で言うだけでなく、実際に行動をされている方のお話は説得力がありますね。

IT業界の労働環境に変化はありますか?

最近は残業を避けようという企業が多くなっています。拡大期、成長がある程度進んでいる企業は、残業を避けないと優秀な人材が来ないので、整えたいという事が多いです。ご結婚されている方など残業を気にされる方は多いですからね。基本的にリリース前などは仕方ないという認識はありますが、全体的に残業は減ってきている印象です。

エンジニアの求人は2015年以降も続く傾向にあるのでしょうか。

はい、特にITベンチャー系の求人は増えてくると思います。
昨年は増資をされているITベンチャー企業の数がかなり多かった印象があります。
ITベンチャーへの投資・出資の話も総じて多く、出資を受けた企業などを中心に採用意欲が非常に高く推移しています。
 
また、その他の大きなトレンドといたしましては海外に開発拠点を移している企業も増えているので、海外を含めた現場をしっかり束ねられるようなプロジェクトリーダー、マネージャーなどへのニーズがあります。

キャリアアドバイザーの仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

転職された後にお礼の連絡を頂いたり、お友達を紹介していただいたときなどはやはり嬉しいですね。また、クライアントの企業様から「いい人を紹介してくれてありがとう」などのお言葉をいただいたときもやりがいを感じますね。

 

渋谷ヒカリエにあるオフィス↓

 hatarao1

 

面談ルームは完全個室↓

 hikarie2

【取材後記】

IT業界専門の現役キャリアアドバイザーならではのIT業界の専門的なお話を聞かせていただき有難うございました!(取材なのに余談が多くてすみませんでした。。)

終始、和やかな雰囲気で気さくに話せる雰囲気の取材でした。山田さんにかぎらずレバテックの方は皆様明るく話しやすい方が多いので、転職エージェントの利用が初めての方でも気張らず相談しやすい雰囲気を提供していただけるかと思います。